2012年04月27日

銀河水晶の髪長姫

銀河水晶の髪長姫.jpg
この間下書き段階をupしていたイラストです。
着色して完成させました。

タイトルつけるなら『銀河水晶の髪長姫』かな…(*´∀`)エヘヘ

なんだか、、
下書き段階の白黒イラストのままの方が、
作品として良い雰囲気が出ているような…そんな気もします。。
でもとりあえず今回の目標は、
「透明水彩メインで仕上げる」
「天の川(ミルキーウェイ)を描く」
「毒のないファンタジーを描く」
「水晶クラスターを描く」
ということなので、まぁまぁの結果かなと思っています。

でも女の人の腕が細すぎたかなーとか、
メインと背景が同系色すぎて、メインが目立たないなーとか、、
反省点が多々残る仕上がりですわ。。

それにしても、天の川って綺麗ですよね。
はるか昔、新潟の母の実家(ド田舎)で見たことがあります。
多分、私の記憶の中で最も古い記憶なんじゃないかってくらい昔です。
そんな昔のことなのに、今でも覚えてるってことは、
それだけ圧巻の美しさだったってことですな。

今でも見えるのかな~…

もう一度生で天の川見たいなぁ。

しっかし、最近は完全に絵も人生も迷走中です。
結局、絵って…描けてもなんの役にも立たないし。。

私の場合は特になぁ~
漫画とか描くのは苦手で、
かつ画家志望というわけでもなく、
ただただ、昔の華宵や中原淳一のような叙情画や、
はたまたマグリットやらの時代のシュールレアリズムに憧れて、
思いのままにアナログで一枚絵を描くだけ。。
一枚絵描いたところでどうなるのか。。

しかも最近はセミプロの時代というか、
ピクシブとかをチラッと見るだけでも、
そんじょそこらの商業プロ顔負けな絵描きがわんさかいるしね。。

だからもう…
なんというか、、
なにやってんだろうな私は。。




あーかったるい。。
早く地球滅亡しないかな~ヽ(*`Д´)ノ



にほんブログ村 水彩イラスト

posted by イオ at 20:32| Comment(0) | TrackBack(1) | 自作絵(水彩など) | 更新情報をチェックする

2012年04月24日

都美術館に展示した作品(´∀`)

不安定な対峙.jpg
美術館展示、無事に閉幕致しました。
ご来場頂きました方々、ありがとうございました。

今回展示させて頂いたのはこの作品…
タイトルは『不安定な対峙』です…
M80号/ワトソン紙、水彩ガッシュ、透明水彩、色鉛筆を使用。

この作品、非常に気に入ってないです。。
もう色々ダメダメ。失敗作。。
どうにか軌道修正を図るも、時すでに遅し。

最終的には「とにかくM80を最後まで頑張って描く」
ということだけに精力を注ぎました…(-_-;)

本当はもっと静かで厳かな、青~赤紫を主に使った、
幻想的な作品にしたかったのですが、
精神不安MAXと様々な想いが交錯し、
さらに技術不足と大きなサイズの感覚になかなか馴れず、
ハチャメチャな作品になったという結末ですww

大きさ比較_不安定な対峙640×480.JPG
↑2Lペットボトルとの大きさ比較。
美術館では小さく感じたけど、部屋のなかだとでかい…

とにかくこの美術館展示を通して、
色々なことを学ばせて頂くことが出来ました。

なにはともあれ、一段落です。。


にほんブログ村 水彩イラスト



posted by イオ at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作絵(水彩など) | 更新情報をチェックする

2012年04月20日

東京都美術館に行ってきました(・∀・)

東京都美術館に行って展示を見てまいりました~。
色んなジャンルが華やかに集い、とても面白い展示になっておりました。
全部女性作家による作品だと思うとなんだか圧巻です。
しみじみと美術館展示させて頂けたことを嬉しく思いました。

それにしても、、
今回私が展示させて頂いているM80号サイズ、
とってもでかくて死ぬほど描くのに奮闘したのに、
美術館の広い空間に飾ると、す・・・すげー小さく感じました。。
M80がまるでA4とかB5とかのように感じた・・・。

展示は22日(日)までです。
お近くへお越しの際は是非お立ち寄りください。


くじらと桜_しっぽ.JPG くじらと桜_顔.JPG

↑おまけ。
近くにある国立科学博物館のくじら。
桜とのコラボが良い感じだったのでパシャリ。


それにしても・・・
最近はPCとスマホアプリからごちょごちょ投稿してるので、、
画像の大きさがバラバラ・・・orz
位置も今までは中央揃えだったのに左揃えになってるし・・・。
ただでさえカオスなブログがますますカオスに。。

まぁいいか。。



にほんブログ村 水彩イラスト
posted by イオ at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする