2012年05月24日

映画『乙女の祈り』の感想


最近、映画(旧作)をよく観ます。
色々観ていますが、
私の好みにクリティカルヒットしたのが、『乙女の祈り』です。

『乙女の祈り』(原題はHeavenly Creatures)
1994年製作のニュージーランド・アメリカ合作映画。

この作品は、1954年にクライストチャーチで実際に起きた、
アン・ペリーによる殺人事件を題材にしています。

物語のあらすじとしては、
親友同士の少女二人が、
徐々に親友の枠を越え愛し合うようになり、
そんな自分たちの仲を引き裂こうとする実の母親を邪魔に思い、
遂には殺害計画を企て、殺してしまうと言うお話です。

映画は、多感な時期の少女の内的世界を上手い具合に美しく描いており、
映画としてとても優れているように感じました。
実際、監督はこの作品で1994年のヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞(監督賞)を受賞しています。

メインキャラの女優二人の外見が、
特別美人!という描かれ方をしていないのがまたリアルで、
すごく良い味を醸し出しています。
(おそらく実在の二人に似せているのだと思います。)
ちなみに金髪の方は『タイタニック』のケイトウィンスレットです。

引き合いに出して良いのか迷いますが、
マニアックな例え方をするのであれば、
吉屋信子先生の描く少女小説世界の中に登場する仲良し二人組の中で、
より密接で閉塞感漂う、排他的な二人が攻撃性を持ち暴走したような感覚の作品です。

もしくは、マリみての『白き花びら』の世界が暴徒化したような感覚。

今風に言うならば、
いわゆる「中二病」にどっぷりハマってしまった耽美趣味の少女たちが、
やり場のないフラストレーションを爆発させる感覚。

こういう世界、好きです。
でもお母さんを殺してしまうのはとても哀しい結末ですね。。


※実際の事件について
http://www5b.biglobe.ne.jp/~madison/murder/text/parker&hulme.html





にほんブログ村 水彩イラスト



posted by イオ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | 更新情報をチェックする

2012年05月11日

光を描く練習


あほな記事がトップにあるのも何なので絵の過程でもUPします。

普段絵の過程はなんか恥ずかしくてUPしないのですが、、何となく残してみようと思ったのです…。

これらは光を描く練習のつもりで描いています。

↑まだ未完成です。
これから細部を整え、コントラストをもすこし強くします。

仕様画材は不透明水彩と色鉛筆です。
サイズはA4。

私の絵って基本的にぺったりした光源無視な絵なのですが、
最近ピクシブとかで、コントラストの強い、
神々しいデジタル絵をたくさん眺めてちょっと憧れてしまいました。
なので光とコントラストの練習です…。

なんか野暮ったい絵だけど…
練習だからいいんだ……


にほんブログ村 水彩イラスト


posted by イオ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 自作絵(水彩など) | 更新情報をチェックする

2012年05月04日

陰気なおなご…あとSATCと私がモテないのはどう考えてもお前らが悪いの感想とか。

疲労の枝.jpg
ども…
GWの真夜中に独りで、
劇場版セックス・アンド・ザ・シティのDVDみてたアラサー独女ですコンニチハ……。

絵は溜めてたペン画です…。
鬱々とした気持ちで描いてたら、
とても陰気な、横溝世界みたいな絵になりました…。


☆SATC感想☆
あんなにお洒落でセレブな生活基盤があるのなら、
男なんていてもいなくても…
結婚してようがしてまいが…
めっちゃ勝ち組人生じゃねーか!(#^ω^)ピキピキ

でもみていて面白いしバブリーでお洒落だね。
世界的に女受けするのが良くわかります。
楽しかった。

特に……
寿司の女体盛りクッソワロタ。




話は変わりますが…、
最近ネットで話題の、
『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』
という漫画を読みました。
あるあるすぎてワロタワロ…タ…。

まるで高校1年生時代の自分を見ているようでした。
あそこまでひどくはなかったし乙女ゲームとかはしてなかったけど。。

でもヘンテコ思考回路及びおかしな挙動…
救われないダサさなどが…ホントに昔の自分に似すぎてた。

でも、もこっち(主人公の名)はなんやかんやでポジティブだから、
年がら年中ネガティブだった私とは根底が違うな。。
私には優しい兄弟も居ないし。。
(主人公には優しい弟が居る設定)

それにしても最近はなんだか、
モテない女をテーマにしたようなのが多いな…。
腐女子ブーム(?)の次は喪女ブーム(?)なのかな?

まぁどちらもひっそり慎ましく暮らしている人種だから、
あまりにも表舞台に取り上げられすぎるのはどうかと思うが、
新たな女性像の模索というか、
恋愛格差社会への問題提起に繋がれば面白いかも。
(そんなごたいそうなことなのかワカランが。。)

あーでも、最近また女性研究熱があがってきたなぁ。
日本の戦前女学校教育から考察開始して、
戦後~高度経済成長~昭和から平成へ~
バブル女にアムラー…
浜崎あゆみブームにバンギャや、ケラッ娘…
オタク文化熱…腐女子に夢女子…
コスプレイヤーやら男装女子…

色々多岐にわたって考察してまとめてみたいなー!!

時代が流れ流れて、
女性(男性もだけど)のタイプが多種多様になってるというか、
いままで水面下だったのが表だって見えるようになったというか…。

女性史の変遷って面白いし意義深いです。
ファッション史とも深く絡んでるからなお面白い。



なーんてことを悶々とGWに考えてる女ってなんなんだホントに。。
だからダメなんだな。


うんちょっと死んでくるわ。




にほんブログ村 水彩イラスト



posted by イオ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作絵(モノクロ) | 更新情報をチェックする