2013年03月25日

瓶詰めの月を抱いた少女の完成版

瓶詰めの月を抱いた少女-完成.jpg

以前イメージスケッチ段階のものをUPしていた、
瓶詰めの月を抱いた少女・・・の完成形です。

色々付け足してみたり消してみたりとイメージをこねくり回した結果、
なんともいえない変な絵になりました・・・。
改めて今見てみると、羽根はいらなかったかなと思いますね・・・。
実はKFSの「月のイラストコンテスト」に出してみたんですよコレ。
まぁ落選ですけどね。まぁ主旨がちょっと違ったかなと思います(←負け惜しみw)。
でもこういったイラコンとかがあると、それに向けて描こうという気持ちになるので、
良い訓練になるなと改めて感じておりますです。

それにしてもこの少女の目、死んだ魚のようだ・・・(^^;)
だいぶ病んでいるときに描いたので、自分自身の精神状況が投影されておる・・・。


★ランキング参加しています★
↓よろしければクリックお願いしますm(__)m

にほんブログ村 水彩イラスト
posted by イオ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作絵(水彩など) | 更新情報をチェックする

2013年03月13日

小瓶の魅力と乙女心


無駄なもの、要らないもの、読まないもの、使わないものを、
怒濤の勢いで捨てたりあげたり売ったりした結果、
部屋はかなりスッキリしてきました。
この調子で、必要最低限なシンプルライフ空間を作り出したいものです。

添付画像は片付け途中で発見した小瓶たちです…(^_^;)
最近買ったものもあれば、昔買ったものもあります。
好きなんですよね…こういうの…。

小瓶って…女の子なら皆一度は通る道だと思います。
小学生くらいになると、必ず小瓶に憧れる時期があるんですよね…。
70年代~90年代まで、ヒッソリと幅広く流行り続けたような印象があります。

何故なんだろう…特に「星の砂入りの小瓶」にときめいた女子は多いはずです。
漫画『ちびまる子ちゃん』にも、
まる子が星の砂入りの小瓶に憧れるエピソードがあったような記憶があります。
星の砂が入っていなくっても、「小瓶」ってだけで、
何やらこまごました「おまじないグッズ☆」として人気だったような…。

今は小瓶なんて100円ショップで簡単に手に入りますが、
昔はなかなか、いざ買おうと探しても見つからなかったような気がします…。

ちなみに、
「でもイマドキの女子小学生はこんなの買わないんだろうなぁw」
と思っていたのですが、
サン宝石のホームページやカタログに小瓶グッズが色々とありました。
(サン宝石トップの検索バーで「小ビン」と入力すると、可愛いラインナップがずらり…)

やっぱり小瓶の人気は21世紀になっても健在なのね…(^_^;)
凄いなぁ~
可愛いものや綺麗なものに憧れる乙女心は変わらないのねぇ…いつの時代も…(しみじみ)

それにしても…
星の砂って「有孔虫」とかいう原生生物の死骸なんですよね…(´ω`;)

大人になってからこの真実を知り、少しショックでした。

まぁ、現実なんてこんなもんよね。




★ランキング参加しています★
↓よろしければクリックお願いしますm(__)m

にほんブログ村 水彩イラスト

posted by イオ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 装飾品・雑貨など | 更新情報をチェックする

2013年03月05日

自己満再アップ

視覚の曖昧さと日常の不気味.JPG
以前、低画質でアップしていた作品画像ですが、
珍しく割と気に入っている絵なので、再度ちゃんとアップし直しました。

別に誰のためでも何のためでもなく・・・
ただの自己満足のための再アップですが・・・(^_^;)




★ランキング参加しています★
↓よろしければクリックお願いしますm(__)m

にほんブログ村 水彩イラスト
posted by イオ at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作絵(水彩など) | 更新情報をチェックする