2013年05月31日

宇宙ホログラム説について考える(@_@)

androidapp/1043130530200411-1972451376.png

それにしても、リーマン予想とポアンカレ予想の特集を見てからというもの、
量子力学とか宇宙とか素数とか・・・そういったものが頭にまとわりついて離れません。。
最近は量子力学とか弦理論とか多次元宇宙がどうとかこうとか、
そういったことを文系脳にもわかりやすく解説したサイトや、
ブライアン・グリーンとかいう物理学者が監修して制作された
映像作品(ナショナルジオグラフィックとか)を見てみたり・・・興味が尽きません。

そして最近は「宇宙ホログラム説」なるものが真剣に学者の間で議論されているようです。
宇宙ホログラム説とは、端的に言ってしまえば、「我々のこの世界は、幻影に過ぎない」という考えです。
ナショジオでは「宇宙のどこかに存在する二次元の境界面こそ究極の真実」と表現していました。
要するに「我々の世界は、宇宙のどこか(宇宙の果て?)に存在する、
二次元の境界面に刻み込まれたデータの投影に過ぎない」ということです。
なんだかもはやプラトンのイデア論の延長みたいな哲学の領域ですが、
きちんと量子力学や物理や数学の世界で、論理的に検証が行なわれている説だそうです。

そしてぶっちゃけ私はこの説を信じています。
シミュレーション仮説とあわせて考えてみると、ちょっと繋がるような印象も受けますし。

しかしながら、シミュレーション仮説だの宇宙ホログラム説だの言っても、
多くの人は「は?何言ってんの?」って思うでしょう。。
でも、昔っから、新しい発見をしてきた科学者たちは、
当初誰にもその説を信じてもらえなかったわけです。
なので、いま現在多くの人に「は?」と思われている説が、
100年後には常識になっているかもしれません。

こういう研究がどんどん進むとおもしろいですね。
文系ですけどわくわくします。

ちなみに・・・添付画像はナショジオ内で出てきたCGイメージを参考にしてスマホで描いてみましたw
境界面に素数が羅列されているように描いたんですが、つぶれて見え辛くなってしまった・・・(-_-;)


参考⇒「宇宙ホログラム説」、超高精度の時計で検証へ


★ランキング参加しています★
↓よろしければクリックお願いしますm(__)m

にほんブログ村 水彩イラスト


2013年05月17日

着物少女とセーラー服少女

おびえるふたり.jpg

ラクガキです。なにかにおびえているような雰囲気。

黒髪ロングの娘が・・・なんだかカツラを被っているみたいになってしまった(^_^;)
それにしても、私はどうも「着物少女とセーラー服少女」という組み合わせが好きなようです。
そして決まって着物を着てる娘はロングヘア、セーラー服を着ている娘はボブカットです。
過去の似たようなモチーフの絵⇒返らぬ日のイメージふたりの世界



★ランキング参加しています★
よろしければクリックお願いいたします。

にほんブログ村 モノクロイラスト

posted by イオ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作絵(モノクロ) | 更新情報をチェックする

2013年05月11日

思春期の闇

思春期の闇-1.jpg

中学生の頃・・・それはとても黒歴史で、リアル中二病でした。
しかし今となってはそんな頃が懐かしく、いとおしいです。

そして、そんな想いを絵にしてみましたw
当時の頭の中はマジで添付のような世界観に支配されていました。
なんだか精神安定剤の広告イラストみたいですが・・・。

・・・今も変わってません。。重度の中二病です。
何度も言っていますがほんとに中二病って重症化すると治りません。
不治の病です(^ω^;)



★ランキング参加しています★
よろしければクリックお願いいたします。

にほんブログ村 モノクロイラスト

posted by イオ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作絵(モノクロ) | 更新情報をチェックする