2014年03月27日

ブログ開設まる8年…!なので原点回帰してみる。

終焉の光-00.jpg

さてさて、今日でブログ開設8周年でございます。
早い…年月が経つのは本当に早いものですね。
私はなにも変わっておりません。重度中二病のままです。
もはやプロ中二病です。中二病検定があったら間違いなく1級です。

エンデ全集‐夢のボロ市.JPG

↓良い機会なので、そもそもなんでこのブログを始めたのか思い出してみました。

むかしむかし……、
私がまさにガチでマジで中学2年生の頃、ミヒャエル・エンデの本にはまり、
『モモ』『はてしない物語』などメジャーどころを寝る間も惜しんで読みふけりました。
そして私なりに図書館などでエンデのその他の著作を調べました。
当時はネットもまだ普及したばかりで、ネット検索より図書館検索の方がメジャーでした。
図書館で検索したり色々調べたりした結果、エンデは実は児童文学を執筆するかたわら、
大人向けのブラックファンタジー(というかシュールレアリズム)世界も
執筆しているということを知り、『鏡の中の鏡』『自由の牢獄』などの作品を知るに至りました。
そしてその延長で、エンデがリート(歌)による詩(というか歌詞)を書いていたことを知りました。
そして、詩集『夢のボロ市~真夜中に小声でうたう~』を図書館で見つけ、一心不乱に読んだんです。
そこから詩に目覚め、詩をノートに書くようになりました。
出版社のコンテストなどにも送りましたがもちろんダメで、
もてあましていたところ、「ブログ」というコンテンツを発見したのです。

そして恥ずかしげも無く…当時の私は詩をブログに綴ったわけです。
私の詩はアホみたいな中二病全開のものばかりですが、
『詩』というジャンル自体は、もっと見直されるべきだと思うんです。
こんな時代だからこそ・・・・・!!(←この思考が中2だよw)

せっかくなので、エンデの『夢のボロ市~真夜中に小声でうたう~』から
お気に入りをひとつここに載せさせて頂こうと思います。
いやね、詩なんかね、読んだところでね、
明日だって仕事に行かなきゃ行けない、飯食うために稼がなきゃならない、
嫌なことをこなさないといけない……いつまでも中二病じゃいられない。
それもわかります。痛いほどわかります。

でもだからこそもっと、、
思考くらいは自由になるべきなんです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

空飛ぶ夢

……そして、窮屈に制限されている人生に、
またもやうんざりしてしまったとき、
そして地球全体が灰色の網に
……習慣、暴力、法の網に、
国と国の境界の網に、
愚かさと有刺鉄線の境に、
お金の限界、制限時間に、
そして自分の能力の限界に……
すっぽりおおわれていると思えて、
君が網のなかで身動きできず途方に暮れているとき、
……そして君が、またもや大小さまざまの
格子にぶつかって傷つきながら、
けっしてそこから抜けだせず、
窮屈な場所の囚人でありつづけるのだと思い知るとき、
そのとき君は、隅っこにうずくまり、
昔ながらの夢を見る。

 さあ、腕を大きくひろげて、
 深呼吸!
 君は道路や家をあとにして舞いあがり、
 夢のように鳥となり空を飛ぶ。
 君は空を飛ぶ、空を飛ぶ、目標はいらない、
 存在していること自体が幸せなのだ!
 下に見える境界に心を悩ませることもなく、
 君はけっして戻ろうとは思わない。

すべてはこんなに簡単だ。君は不思議とは思わないだろう。
そして夢のなかで君にはわかる、これは夢ではない!
そして君は胸に手を当てる。どうして忘れられ、
どうして信じられていないのか。
ひとはいつも鳥のように自由で、
ほんとうは飛ぶことができるのに。


岩波書店
エンデ全集10『夢のボロ市・ハーメルンの死の舞踏』より引用
丘沢静也訳
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


★ランキング参加しています★
よろしければクリックお願いいたします。

にほんブログ村 水彩イラスト
posted by イオ at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作絵(水彩など) | 更新情報をチェックする

2014年03月21日

ダリの絵に出てくる時計を買ったよ

ダリの時計.JPG

先日ヴィレッジヴァンガートに行ったときに買いました。
買わずにはいられませんでした…!この時計はほんとにツボです。
かなりチープなつくりなので、1200円という安さも助かりました。
まるでダリの絵「記憶の固執(柔らかい時計)」に出てくる時計みたい…!

クリスタルスカルコップ.JPG

こちらもついでに買ってしまったどくろのプラスチック製コップです。
380円。なかなか気に入っています。

クリスタルスカルビール.JPG

ビールを入れるとこんなかんじ。
取っ手の部分も骨みたいになっています。

うぅぅ。。。無駄遣いしないように気をつけているのに…。
ぐぬぬ。

posted by イオ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 装飾品・雑貨など | 更新情報をチェックする

2014年03月12日

精神病者の脳内のような絵

精神世界-迷宮-ステッチ.jpg

精神病者の脳内のような…
ひとむかし前の向精神薬のパッケージみたいな絵を描いてみました。
ミリペンでねちねちとラクガキです。

ジョルジョ・デ・キリコの「通りの神秘と憂愁」という絵の
ややパクリ…もといオマージュです。キリコの「通りの神秘と憂愁」について
このブログであまり触れてなかったですね。なんか書いたつもりになってました。
むかーしの記事でルパンの映画の中にその絵をえがいたシーンが出てくるってことでちょっと触れてますね。
世界中に数多く存在している、ありとあらゆる絵の中で私が一番好きなのが、
キリコの「通りの神秘と憂愁」なんです。

通りの神秘と憂愁‐ジョルジョ・デ・キリコ.jpg

↑こちらがその絵です。美術の教科書などにも載っていることが多いですね。
とにかくこの絵は目に焼きついて…いや脳裏に焼きついていて、、好きなんです。
ほんとに、自分でも信じられないくらいこの絵が好きです。
全然ナマで見たこととかはないんですけどね。
何年か前にたしか、渋谷bunkamuraにキリコの絵が来てましたが、この絵はありませんでした。

とにかくこの絵は大好きです。
この絵に続くのがレメディオス・バロやベクシンスキー、マグリットなどの絵ですね。

うん。
それにしても自分のへぼ絵と名画を並べるって恥ずかしいな。


★ランキング参加しています★
よろしければクリックお願いいたします。

にほんブログ村 モノクロイラスト


posted by イオ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作絵(モノクロ) | 更新情報をチェックする