2016年03月27日

麻薬などの体験談から考える脳の認識の不思議

形而上的世界_永遠の雲.jpg
さてさて…ブログを開始してまる10年経ちました。早いね…(´・ω・`)

私は相変わらず…存在とは何なのか…やはりこの世は仮想現実だよね……
この世界はホログラムなのではないか……認識とはいったい何なのか……
などを日々悶々と考えています。

最近は「なぜ夢を見るのか?そもそも“睡眠”とは一体何なのか…?」
など、身近な現象について改めて疑問に思い、
明晰夢などについて調べたりしています。
それに関連して、ネット上に溢れているタイムリープ体験談や、
子供の頃の不思議体験談なども読み漁りました。
さらに…ドラッグ・麻薬・危険ドラッグ(ハーブ)などの
幻覚作用やバッドトリップ体験に興味を持ち、体験談を検索しまくりました。

中でもとても興味を持ったのが、
幻覚剤や危険ドラッグなどによるバッドトリップ体験談です。
色々読みましたが、特に興味深かったのが下記の体験談です。

日本薬物対策協会
http://fdfw.blog.fc2.com/blog-entry-22.html】より転載。

ハーブを燃やしてパイプで煙を吸い込んだ直後、これはなんかおかしいぞと感じました。
頭の中で変な刺激を感じ出し、すぐに煙を吐き出して友達に
「これは強いかも、、」と言おうとしたら目の前にもう一人の自分が現れて
「これは強いかも、、」と友達に言っていました。幻覚でした。
自分はびっくりして今のことを友達に言おうとしたらもう一人別の自分が現れて、
すでに今のことを友達に言い出していましたすぐにパニックになり、
ものすごい恐怖心が出てきて、必死にこのことを友達に伝えようとすると、
目の前にすでに自分がどんどん増えていてそいつが自分の代わりに友達にそれを伝えていました。
そして周りは自分で溢れぎゅうぎゅう詰めになり、互いに争いが始まり、
辺りはみるみる暗くなり、自分の群れはお互いを台にして上によじ登ろうとしていて、
自分も登ろうと必死に戦いましたが、人の山から蹴落とされ、
別の自分が勝って、てっぺんの光の中へ一人だけ入っていきました。
やつが生き残って自分は死んだと思い、感じたことのないほどの恐怖と敗北感を感じました。
遊園地の恐ろしい乗り物にしばられたまま、ひたすら振り回されるといった感じでした。
それは全然定かではありませんが、2、30分くらい続いたと思います。
友達いわく、その間、ぼくは時折ぶつぶつ言いながらひたすらテーブルの周りを
ぐるぐる早歩きで歩いていたそうです。自分が見たことと、
現実に友達が見ていたものとのギャップに驚かされました。
完全に自分のコントロールを失った瞬間でした。


形而上的世界_永遠の雲_エンボス.jpg 形而上的世界_永遠の雲_反転.jpg
これ以外にも色々と壮絶な体験談がありますが、
それらをざっと読んでみて改めて思うのが、
脳や視覚の「この“世界”に対する認識」が
いかに摩訶不思議で珍妙奇天烈であるかということです。

「いや、麻薬なんておかしなものやるから
 変なモンが見えて当然でしょw何も不思議じゃないよw」

って思うかもしれませんが、よく考えてみてください。
なぜ、化学物質をちょっと吸ったり注射したりしただけで、
一瞬にして現実の認識がメチャクチャになるようなことがあるのか…?
やはりそれは、脳にあらかじめプログラミングされている
正常な認識ネットワークシステムが、麻薬という化学物質によって阻害されたり、
配線をグチャグチャにされてしまったりするからです。

つまり、我々が普段見ているこの世界は、
産まれたときから前もって構築されている
脳のネットワークシステムがそう処理しているだけであって…
本来、この世の存在というものはとてもあやふやで、
脳がそう認識しているから現実と思っているだけに過ぎず、
現実の実体は無いに等しいのでは…?と思うのです。

「子供の頃の不思議体験談」なども、おそらくは、
子供の頃は脳が未発達であり、認識の力があやふやだから
成人後に比べ、不思議なこと(=脳の認識ネットワークのバグ)が起こりやすいからです。

また、東日本大震災の際に不思議な体験をした…
という書き込みがネット上にあったようですが、
これが事実とするならば、磁場の大きなひずみなどで、
脳の認識ネットワークのバグが引き起こされることもあるのかもしれません。

やはり、物質としての現実は存在せず、
脳がそう認識しているだけに過ぎないのではないでしょうか。

「何アホなこと言ってるんだ」と思う方もいるかもしれませんが、
何度も言っているように、私はですね、やはりこの世はシミュレーション世界であり、
実体としての現実は存在しない…と考えています。

なんというか、もっともっと、この世が仮想現実である可能性について、
様々な議論を活発すべきだと思うんですよね。
様々な分野から色々な人が意見を交換したら真理に近づけるのでは……
……なんて思うんですけど、どうでしょうか。

みなさんも、もっともっと、
客観的に、形而上的な高い目線から、
この世界とは一体何なのか…について考えてみませんか。

そうすれば下らないことで悩んでるのが馬鹿馬鹿しくなりますよ。
ある意味、生きるのが楽になるかもしれない。
でも下手したら鬱になるので要注意(;´∀`)

形而上的世界_永遠の雲_ぐにゃり.jpg 形而上的世界_永遠の雲_ぐにゃり2.jpg
ちなみに、この記事に貼った絵は、
先日たまたま見つけた昔の日記に書いてあった絵を清書?したものです。
もっときちんと書きたかったけど気力がありませんでした。
PCでグネグネ加工してみたら面白くなりました。



★シミュレーション仮説について言及しているおすすめサイト★
<私たちが仮想現実に生きているいくつかの証拠>
http://www.voynich.com/matrix/index.html
<この宇宙が仮想現実である10の根拠:カラパイア>
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52179386.html


2016年03月16日

インターネットなんてなくなればいいのにと思うときがある。

ネットなんてなくなればいいのに.JPG
ふと考えてみると、ネットを積極的に使うようになって10年以上がたちました。
そして最近、ネットの進化の凄まじさに今さらながら困惑しています。

ここ数年でインターネットの世界は…
気になったことをちょっとググれば情報がずらりと出てくるようになりました。
まとめ系サイト・個人ブログ・SNS・2ちゃん・知恵袋・教えてgoo…
関連動画も関連画像も盛りだくさんです。
アダルトサイトもどっさりありますし、エロいワードで画像検索すれば
世界中のエロ画像が見れてしまいます。無修正も簡単にHITします。

そして、どこもかしこもアフィリエイトで溢れ、
批判と風刺とデマと真実がめちゃくちゃになって訳がわからなくなっています。
さらに悪いことに、ネット全体の民度が総2ちゃんねる化してきているように感じます。

・良い情報よりも悪い情報の方が目立ってしまう。
・あらゆる場所に「匿名で罵り合い、蔑み合い、馬鹿にし合う人たち」が多く出没している。
・コンプレックスを刺激して対立をあおるような話題ばかり取り上げられている。
・ステマとアフィだらけで何が真実かわからなくなってきている。

…などなど、挙げればきりがないですが、
ネットがこんな状態になってしまっている昨今において、
ネットの使い方を間違えると、精神衛生上良くない事態に陥ります。

もともとネットに依存しないタイプや、
ネガティブな情報よりポジティブな情報を収集するような癖が付いている
健全な精神の人は大丈夫かもしれませんが、
もともと悲観的な人や、悪い情報や不安な情報に強く影響されるような人は、
ネットの使い方に気を付けないといけないな…と身にしみて感じています。

私はまさに悲観的な人間のお手本のような性格なので、
一時期、ネットのマイナス面にどっぷり引き込まれてしまい、
かなりよくない精神状態になったことがあります。
特に、2ちゃんねるはダメですね。2ちゃんのまとめブログもダメです。
SNSやらなにやらも、神経質な人間はやりすぎると鬱になります。
あと、「google検索」の癖が付きすぎるのもよくありません。
何でもかんでも検索せずにはいられない「検索病」になります。

私と同じような状況に陥っている人は結構いるのではないでしょうか。
特に私が懸念しているのは、若年層のネット依存です。
中高生やこれから生まれてくる子供たちに対し、
「現実的かつ具体的なネット教育」を施さないとやばいと思いますよ。

ネットにのめりこみすぎると、本当に頭がおかしくなってきます。
ひどいときは「インターネットなんてなくなればいいのに!!」とすら思います。
もちろん、ネットがあって良かったことも多いので、ネットは好きですよ。
ブログを10年もやってるような人間ですし。絵もアップロードできて楽しいです。

でもねぇ…「せめてネットの進化が2003年頃で止まればよかったのに」と
思うことはよくあります。

ネットがない時代に戻りたいと思うこともあります。
「昔はよかったのに~」なんて言いたくはないのですが…たまに感じてしまいます。

・携帯電話は無いので家の固定電話を皆で使う。
・携帯がないので待ち合わせの場所や時間は厳守。
・親しい友人や親戚の電話番号くらいは覚えていた。
・今ほどネガティブな情報で溢れていなかったので、異性や結婚に対して夢が持てた。
 (↑まぁその分現実を知ったときショックだったろうけど)
・何かを調べるときは辞書・百科事典・図書館の専門書で調べた。
・映画はレンタルビデオ店にわざわざ足を運んで1本数百円払って借りていた。
(↑そのため、どんな駄作でも一応ちゃんと鑑賞しようという気持ちになれた)
・エロティックなコンテンツはとても重宝され大切にされた。
 
……などなど、なんだかほんとに…懐かしいですね。
ほんの15~20年前くらいまでこんな感じだったのに。
それを考えると、最近の科学技術の発達は急加速度的ですね…。
本当に2045年に技術的特異点が訪れてもおかしくありませんね。

ネットなんてなくなればいいのに2.JPG
私はとにかく、やたらとネットで色々と調べてしまう癖が付いているので、
一昔前まで当たり前だった「知らないという幸せ」が恋しいです。

まぁ、ここまで科学技術が発達したのなら、
いったいどこまで加速するのか…見ものですわ。

ちなみに、私と同じようにネットで脳が狂ったり、
「2ch脳」になってしまった方には、下記をお勧めします。

まず、ネットをなるべく見ないようにします。
見るなら無害なサイトや本当に必要な情報のみにアクセスするようにします。
私の場合、基本的に下記にのみアクセスするようにしています。
・wikipedia
・youtube
・pixiv
・お気に入りの動物ブログ
・厳選した個人ブログ
・自分のブログ
・楽天とアマゾンとヤフオク
・クックパッド

…これだけ気を付けてネットを使用していても、
何かを検索しているときに、うっかり恐ろしい罵詈雑言ブログや
陰湿な2ch系の世界を覗いてしまい、精神汚染される場合があります。
その際は、マザー・テレサや中村天風の格言が載っているサイトにアクセスし、
汚い情報を良い情報に書き換えることをおススメします。
馬鹿馬鹿しいかもしれませんが、良い言葉は、読むだけで気持ちが洗われます。


ほんと、ネットは諸刃の剣です。


ちなみに余談ですが…写真のカラスは、この間散歩中に撮ったものです。
使い道がなかったので使ってみました。
かなりイマイチな写真ですが、雰囲気は気に入っています。
…デジカメに変える前は、カラスや野良猫の写真をカラーフィルム・白黒フィルムで撮って、
近所にある、印刷の綺麗さに定評のある写真屋で現像してもらっていたな…。
気に入ったものは引き延ばして飾ったりもしていました…。
デジカメに変えてからは撮ってもあまり印刷しなくなりました。

ちなみにその写真屋は数年前に潰れました。
時代の流れですな…。

2016年03月15日

星にゃんやピーターラビットの世界観が好き

ほしの島のにゃんこ.jpg
私は基本的にあまりゲームに興味がないのですが、
アプリの無料ゲームだけはたまにやります。
特に農ゲーというか…ああいった農作物育成シミュレーションゲームが好きです。
ほしの島のにゃんこには一時期かなりハマりました。
しかし私はドケチなので無課金でやっています。
こういったゲームは無課金でどこまでやれるかが楽しみのうちの一つでもあります。
そしてプレイしていて思うのですが、
こういったほのぼのした世界…いいですよねぇ…まさにユートピア。

ピーターラビットアプリゲーム2.jpg
特に好きなのがピーターラビットのアプリの世界です。
すごく素敵ですよね。水彩画がそのまま動いでいるような色使い…綺麗です。
ただ、このピーターラビットのアプリを無課金でやるのはかなり大変です。
なので、自分の畑はほとんどほっといて、
「おすすめの庭」にアクセスしてうっとり眺めています。

ピーターラビットアプリゲーム.jpg
↑この右上のモモンガwかわいいww

ピーターラビットアプリゲーム3.jpg
この世界の中で暮らしたいです。

それにしてもなんだか知らないけれど…ハムスターを飼ったことにより、
やけに小動物に対する愛情が深くなってしまいました。
だからピーターラビットおよびその登場人物たちのことを
この上なく可愛く感じてしまうのかもしれません。

リス_ツイッター拾い画像.jpg
↑これはネットで拾った画像です。カワいい(*´з`)

ほんと、穏やかでほのぼのした世界で暮らしたいものです。
現実はつらいね。



posted by イオ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする