2016年07月23日

女性はベッドに近よらないのが、危険を予防する最大の心がまえです。

前回に続きまして…1961年の『女性自身』から面白い記事をご紹介します。
(気になった個所だけ書き起こしています。)

1961年の女性自身9.jpg
【“彼”を訪ねる】

男性の部屋を訪問するには、どうしたらいいでしょうか?
―――――それは、愛情の階段を上ることでもあり、
外でのデートでは見られない彼の人柄を判断するチャンスでもあります。
ただし、誘惑に負けない信念と、時間や態度に一つの線を越えない覚悟が必要です。

1961年の女性自身10.jpg
◆一人暮らしを訪問する

訪問のプランには、ぜひお掃除とお洗濯を加えましょう。
男性の部屋が乱雑なのをとがめてはいけません。
それはむしろ、将来性のある頼もしさの証拠。
いちがいにはいえませんが、整理・整頓をよくする男性は創造性がないといわれます。

エプロンを彼にもかけさせて、二人でする楽しい皿洗いは、一種の男性飼育法。

◆彼らを訪問する

お友だちと一緒に住んでいる男性を訪問する時は、
そのお友だちにも細かい心づかいを。
やっかんだり、悪いうわさをたてられたりの防御策にもなります。

1961年の女性自身11.jpg
二人だけの時間は有効に。ただ遊ぶだけでなく、
愛情がさらに進んで、結婚生活に入ったときの楽しさを、
男性に予想させるようなプランを用意しておきましょう。
そして、私室はとかく親しくなりすぎるふんい気ですが、ベタベタしないことと、
夜の九時になったら、かならず帰宅することをモットーにしてください。

危ない!西洋のことわざでも“女性は長椅子に近よるな”といっています。
キチンと椅子にかけましょう。女性はベッドに近よらないのが、
危険を予防する最大の心がまえです。

-----以上-----


なんというか…まさになんというか…時代を感じますね。色々な意味で(笑)
現代の週刊誌からは想像できないような上品さですね。

>夜の九時になったら、かならず帰宅することをモットーにしてください。
>キチンと椅子にかけましょう。女性はベッドに近よらないのが、
 危険を予防する最大の心がまえです。

↑すごいなぁ~…まるで無垢な少女向けの雑誌のような雰囲気ですが、
大人の女性向けの女性週刊誌の記事ですからねコレ。

でもね、このくらいの心がまえがあっても良いと思いますよ。
結局ね、何かあったときに泣くのも痛い思いするのも女なんですから。
現代女性もこのくらいの警戒心を持って暮らしましょうね!(笑)

私のような世捨て人のオバハンには関係ないけど!(笑)

2016年07月20日

のりまきでボーイ・ハント!!

1961年の女性自身.JPG
近所の古本屋をウロウロしていたら、1961年に発行された『女性自身』がありました。
ちょっと興味をそそられたので購入してみました。

なんというか、全体的に「まだまだ50年代を引きずっているけれども、
60年代として新しい時代の幕が上がりました…」という雰囲気を感じます。
ちなみに、ちょうどゴールデンウィーク(黄金週間)間近ということで、
ゴールデンウィークをいかに過ごすか…といった特集が組まれています。
この頃からすでにあるんですね。ゴールデンウィークって。

色々な記事がありますが、個人的に気になった
とっても面白い(?)シュールな記事がありましたので載せてみます。
全文は書き起こしていません。気に入った個所のみ書き起こしています。
気になる方は画像をクリックして拡大して読んでみてください。

1961年の女性自身3.jpg
【ボーイ・ハント】

全く知らない男性と知り合いになるには、どうしたらいいでしょう?
――――気おくれすることはありません。いい意味で、女性がボーイ・ハントする時代です。
“明るく・軽快に”が合いことば。けれど、多くの危険があることを計算に入れて、
知り合った男性を時間をかけて、しっかりと観察!
黄金週間こそ、最大のチャンス!

(右下の写真)
目まいを起こしたふりで、男性の胸にもたれかかるのは、
フランス宮廷で流行した古典的な方法です。
けれど、あまりにも技巧的で、現代ではちょっと時代離れがしています。

1961年の女性自身4.jpg
◆集団ハント……ピクニック編
郊外の開放的な空気の中で、グループ同士チラチラ見ているのは、いやらしい感じ。
あっさりと明るく声をかけるのが、清潔なボーイ・ハント。

「いかが?のりまきめしあがらない?」
ピクニックでなら、このくらいの申し出は失礼ではなく、チャンスをつくります。
ただし、最初に会った日には切りあげどきがかんじん。
あっさりと別れることが、相手から軽蔑されず、危険な交際からあなたを守ることにも。

◆単独攻撃法
(右下の写真)
1人で男性に近づくのは危険度も高く、技術と冒険心も必要、
いざというときの逃げ場をまえもって必ず用意しておくことです。
(左下の写真)
だれか話しかけてくれない?――こんな人待ち顔は最低。
娼婦に見られます。

1961年の女性自身5.jpg
ウインクしたりしてはいけません。
あまり積極的過ぎて、はしたなくみえます。

◆清潔にヒッカケル
グループ同士だと、心理的にも余裕をもって相手を観察できます。
けれど、群集心理で暴走しないよう、良識の手づなの用意を。

バッグをお友だちにもってもらって、男性にみせないように、
わざと靴下をつりなおします。中世期のフランスで発明された技巧。

-----以上-----

………なんというか、かなり笑えますよね!!
しかも、全体的に特に間違ったことは言ってないのがまた面白い(笑)

私のお気に入りは「いかが?のりまきめしあがらない?」ですね。
のりまき(笑)「のりまきめしあがらない?」(笑)
のりまきでボーイ・ハントって…すげぇシュールだわ(笑)

そしてところどころに「フランスで発明された~」って…笑っちゃうわホント。

それにしても…現代ニッポンでナンパって…あるんですかね?
ビーチとかクラブとかならありそうだけど…道端では滅多にないでしょうね。
男性からにせよ女性からにせよ、ナンパするとか「異性をヒッカケル」なんて
今どきはあんまりなさそうですね。

ボーイ・ハントしたい方はこの記事をどうぞ参考にしてみてください(笑)

他にも面白い記事や興味深い広告がありましたので、
そのうちまたご紹介したいと思っています。

2016年07月16日

空想世界に思いを馳せる

ユートピアのまどろみ着色.jpg
以前「緑とハーブに囲まれた生活がしたい云々」という記事を書きましたが、
相変わらずそういった妄想に取りつかれています。

ユートピアのまどろみ.jpg
ボーっとしながらペンでラクガキ帳にラクガキして…
それをデジタルで超テキトーに着色しました。

あぁホントにこういう生活がしたい…緑と動物に囲まれて優雅に暮らしたい…。
家庭菜園したりして…ハーブ作って…想像しただけでうっとりしてしまいます。

ちなみに、膝に乗っているのは、チンチラのつもりで描いたんですけど、
なんかでっかいハムスターっぽくなってしまいました(;´∀`)
左手周辺に居るのも…非現実的な大きさの妙なハムスターです。

まぁ空想世界ですから…
色んな大きさのハムスターが居るってことで…。



★★ランキング参加しています★★
よろしければクリックお願いいたします。

にほんブログ村 モノクロイラスト

posted by イオ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作絵(モノクロ) | 更新情報をチェックする