2017年02月03日

オリジナル漫画「永遠なる乙女たち」第2幕<18>

昭和初期女学生まんが_第2話page18.jpg
昭和初期女学生漫画の第2幕18ページ目です。前回は⇒こちら
(★次のページは⇒こちら★)

上段左のお姉さまの「ご免して頂戴(ごめんしてちょうだい)」というセリフですけど、
『女學生手帖』の40ページに、当時の女学生同士で行われていた
手紙のやり取りのための美しい例文集が載っていて、そこで用いられていた言い回しです。

-----------------------------------------------
御免して頂戴
吉子さん。仲直りしなくって?
やっぱし貴女が居なくちゃあたし、
淋しくてやりきれないわ。
今迄の事御免して頂戴ね。
……以下略
-----------------------------------------------

優雅ですよね~~~!!「ご免して頂戴」って萌える言い回しだと思いませんか。
とても気に入ったのでお姉さまのセリフに用いました。

当時の女学生にとってお手紙は欠かせないアイテムだったみたいで、
友達同士、エス同士…などで頻繁にやり取りをしていたようです。
手紙と言っても郵便で出す手紙ではなく、
相手の靴箱に隠すようにして渡すのが主流だったようです。

女子ってこういうコマゴマした秘密めいたやり取りが好きですよね…。
私が学生の時も…もうケータイメールが普及していたのにもかかわらず、
たわいもないことを紙切れに書いて折り紙みたいに折って友達に渡したりしてました。

今はラインとかが普及していますけど…
それでも手紙のやり取りをやる人はいるのかな?すっかり廃れたのかな?
若者や子供と接する機会が全くないからわかりません(苦笑)


★☆『永遠なる乙女たち』第一幕(全23ページ)のまとめは⇒こちら☆★

★★ランキング参加しています★★
よろしければクリックお願いいたします。

にほんブログ村 オリジナル漫画
posted by イオ at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 自作漫画 | 更新情報をチェックする