2017年05月20日

オリジナル漫画「永遠なる乙女たち」第3幕<16>

昭和初期女学生まんが_第3話page16.jpg
前回は⇒こちら。次のページは⇒こちら

ネタバレ気味になりますけど…
お姉さまは大金持ちの家に暮らしているという設定です。
なので、お姉さまの自宅には電話があるという設定です。

電話が一般家庭に普及したのは戦後です。
全家庭に普及したのはだいたい1960年代以降だそうです。
電話持ってない人は持っている家庭に借りに行ったりしていたそうです。
そういえば、1950年代後半が舞台になっている『となりのトトロ』で
さつきが大学勤務のお父さんに連絡をとるために、
近所のおばあさんの家に電話を借りに行くシーンがありましたよね。
電話の普及って実はここ数十年で起こったことなんですねぇ。
携帯電話の普及なんて…ここ15~20年くらいですかね?

なので、戦前の1930年代に電話を持っていた人はかなり限られており、
大金持ちとか地元の名士…あとは大きな会社や大きな学校、
事業をやっている人や官公庁くらいだったんだと思います。たぶん。

この場合、お姉さまの自宅(大金持ち)と名門お嬢様学校(お金持ち学校)は、
互いに電話を持っていた……という設定にしました。

電話が空気のように当たり前に存在している時代に生きている人間が
電話がない世界の物語を描くと…なんだか困惑してしまいます。

★☆『永遠なる乙女たち』第一幕(全23ページ)のまとめは⇒こちら★☆

★☆『永遠なる乙女たち』第ニ幕(全22ページ)のまとめは⇒こちら★☆


★★ランキング参加しています★★
よろしければクリックお願いいたします。

にほんブログ村 オリジナル漫画

★スポンサードリンク★




posted by イオ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作漫画 | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

オリジナル漫画「永遠なる乙女たち」第3幕<15>

昭和初期女学生まんが_第3話page15.jpg
昭和初期吸血女学生漫画『永遠なる乙女たち』の第3幕15ページ目です。
前回は⇒こちら。次のページは⇒こちら

以前書き綴ったように、私は昭和レトロな瓶が好きですので、
ささやかながらその想いをこのページに反映させてみました。
なかなかうまく描けませんでしたけど…。

レトロな雰囲気が漂う理科室とか医務室って素敵ですよね。
うふふ。


★☆『永遠なる乙女たち』第一幕(全23ページ)のまとめは⇒こちら★☆

★☆『永遠なる乙女たち』第ニ幕(全22ページ)のまとめは⇒こちら★☆


★★ランキング参加しています★★
よろしければクリックお願いいたします。

にほんブログ村 オリジナル漫画

★スポンサードリンク★




posted by イオ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 自作漫画 | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

オリジナル漫画「永遠なる乙女たち」第3幕<14>

昭和初期女学生まんが_第3話page14.jpg
昭和初期吸血女学生漫画『永遠なる乙女たち』の第3幕14ページ目です。
前回は⇒こちら。次のページは⇒こちら

保健室で目覚めた瑛子さん。
当時の女学校に保健室というものがあったのかは知りませんが、
大切な名家のお嬢さま方をお預かりするんですから、
まぁ医務室めいたものや仮眠室・休憩室めいたものはあったでしょう。

そして…当時は電話があまり普及していなかったわけです。
一般家庭にはまずなかったようです。
ということは、緊急時に保護者に連絡して迎えに来てもらうなんてことも
なかなか出来なかった…ということになります。
つまり気分が悪い人や急病人が出た場合はどうしてたんだろう?と考えた結果、
先生やスタッフ(?)が家まで付き添っていたのではないのかな…と思いました。

この保健室の先生はなかなか気に入っています。
割烹着が描けて満足。ふふ。
割烹着って良いですよね。利便性もあるし。エプロンより好きです。


★☆『永遠なる乙女たち』第一幕(全23ページ)のまとめは⇒こちら★☆

★☆『永遠なる乙女たち』第ニ幕(全22ページ)のまとめは⇒こちら★☆


★★ランキング参加しています★★
よろしければクリックお願いいたします。

にほんブログ村 オリジナル漫画


★スポンサードリンク★





posted by イオ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作漫画 | 更新情報をチェックする