2009年08月16日

ルネ・ラルーの世界観

ファンタスティック・プラネット3.jpg ファンタスティック・プラネット.jpg ファンタスティック・プラネット2.jpg


ルネ・ラルーという芸術家のアニメーション作品を、最近はじめて観ました。

まず代表作『ファンタスティック・プラネット』(1973年)についてですが、
とにかく衝撃的で、感銘を受けました・・・!!
なんという自由かつ奇抜で美しい退廃的なイメージ・・・!!
シュールレアリズムの世界にアニメという命を吹き込み、
SF的世界観と寓話をミックスさせた感じですね・・・!


youtubeで日本語字幕付きが見当たらなかったので・・・Englishで。。


ニコニコ動画には日本語字幕がついているのがあります。
アカウントもっている方は是非どうぞ~。

色鉛筆で描いたようなタッチと、絶妙な色彩が本当に秀逸です。
今から36年も昔に制作された作品とは思えない・・・いや・・・
ある意味36年前だからこそ生まれた作品なのかな、と思います。
当時の未来観や一種の流行のイメージ観等が
色濃く反映されているように思います。

最近の超ハイレベルCG技術で、
こういった世界観を発展させたようなアニメーション映画とか
制作されたら面白そうですよね・・・。
でも最近はそういった純粋な芸術(?)って、
発表してもなかなか公には取りあげられなさそう・・・。

今って、個人レベルで制作したアートアニメや絵などを
youtubeをはじめ、ネットで配信したりして全世界に発表できます。
そうやって個々人の持つ個性的かつ様々な世界観を
色々な手段で世に発表できる世の中ではあります。

でも逆に、色んなものがあふれすぎて、秀逸した目玉作品や、
世間の注目を集めるよう問題作がなかなか生まれない・・・という、
ある意味、不毛の時代なのかもしれない・・・なんて思うときがあります。
もしくは、あふれすぎたアート作品たちに
優れた作品が埋まってしまって発掘されずにいるとか・・・。

そう考えると、ルネ・ラルーは1973年という時代だからこそ、
こういった作品を完成させ、世に出せて、評価されたのかな・・・と思います。

なんて、わたしが偉そうに言えた義理ではありませんが・・・。。


↑ちなみにこの作品は、『Les Escargots(かたつむり)』という作品です。
これは字幕がなくてもわかります。おもしろい作品です。


そのほかの作品もyoutube等で配信されているようですので、
興味のある方は、是非ルネ・ラルーの世界に浸ってみてください(^^)

この記事へのコメント
いやぁ、見た見た!全部見ました!
なんかすごい世界ですねぇ・・・。
ニコ動のコメントじゃないけど、
これは数名で見た後に討議が必要かも。
たぶんおいらの偏った感受性(笑)では、
作者の意図の半分も汲み上げられてない気がします。

ちなみに今週は三泊四日で江戸に潜伏予定です♪
Posted by モンコ at 2009年08月16日 23:07
こんにちは。
初めて見ましたが
たしかに、色々な意見がでる作品だとは思いますが
私は結構好きですよ。
「ファンタスティック・プラネット」は
バックミュージックのせいか、無駄にドキドキさせられました(笑。
とっても不思議なカンジがしますね。

Posted by 北小路 恵 at 2009年08月17日 18:15
モンコさん>
全部見て下さって嬉しいです(^^)
ほんと、すごい世界観ですよね!
このイメージ力には脱帽ですよ。

確かに見終わったあと討議したい内容の作品ですよねw
でも作者の意図はわりと単純なのかも知れない・・・なんて思います。

東京に来てらっしゃったのですね(*´∀`*)
でも缶詰状態とは・・・お疲れ様でした(>_<)
Posted by イオ at 2009年08月23日 15:21
北小路さん>
こんにちは~!

「ファンタスティック・プラネット」のバックミュージック、
無駄にドキドキしますよね(笑)
古めかしいような・・・でも斬新な音の使用が、
すごく耳に残る・・・というか心臓に響きます。。

本当に不思議な感覚に陥る作品ですよね(^^)

Posted by イオ at 2009年08月23日 15:25
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック