2010年12月22日

薔薇と黒髪と鮮血

渦ー1.jpg

う~ん。お耽美。

ベラドンナのハロウィンはがき展に
間に合えば出そうと密かに思っていた一枚。
でも結局間に合いませんでした。なにぶん筆が遅いもので。。

なので、はがきサイズの小さな絵です。
小さな絵は描きやすくって好きです。

黒髪ロングフェチ魂がこれでもかと爆発している一枚です。ハイ。


それにしても・・・もう今年が終わりなんて・・・
う・・・嘘だっ・・・!

嘘だといってよ。。。


一年早すぎ。。。



余談ですが、最近ちょっとレディ・ガガをリスペクトしています。
カッコイイ!!なに↑この映像!!ビヨンセも出てる!!

日本の女性アーティストや歌手も、このくらいパワフルにはっちゃけて欲しい。

日本の女性は皆、絵的な線が細すぎる。
わたしも痩せている体型は大好きですが、いかんせん華奢すぎるんだよ。
精神も。

もっともっとパワフルで、時代をぶった切るくらいの
骨太なインパクトを持った和式女性アーティストに台頭して欲しいですね。

こんな時代だからこそ。
新たなシンボルが欲しいよ。


posted by イオ at 21:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 自作絵(水彩など) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ごきげんよう。今年もよろしく!

御蔵入り黒髪ロング葉書、いいですねぇ~
「黒髪ロング」というキーはシンプルでも画面が引き立ちますね。

レディ・ガガは私も去年あたりから気にはなっていました…ホリエモンがブログで気になってる的な事を言っていたので。

実際ライブ映像やPVを見てみましたが、
とにかく演出・ファッション・世界観が個性的且つ強いのが素晴らしいと思います。
なかなか「個」のイメージを具体的にするのって、アーティストと言えども大変に違いないだろうから。

ガガのインタビューを読んだことがありますが、
彼女は自分を信じる気持ちがとにかく強いです。
自分が時代の最先端に立つという意志の強さを感じました。彼女の言葉は勇気を与えます。必見。

加えて、日本の女性アーティストは精神面含めて華奢であるというのは言い得て妙。
日本人でアーティストになるなれば、現代の日本人離れした精神力が必要かと思われます。
歌手や女優の様な自分自身を全面に押し出す職業ならまさに…

アメリカという地は自由故に犯罪も多いかもしれませんが、爆発的な個人が生み出される可能性に富んでますよね。

自分のやることに他の追随を許さない所とか…
日本だと、全体主義で輪から外れた事を良しとしないまま育てられるから、面白い人が中々出てこないなーと思います。
もっとフリーになって面白い人がいっぱい出てきて、面白いことで溢れる社会になって欲しいです。ふふふ。

あ、ベクシンスキーの画集二冊買いました!
たった絵一枚の中にある世界で映画ができる様な気がします。

また、近々お誘いしますので、お話しましょう(´ー`)/~~

Posted by 士千 at 2011年01月09日 01:29
士千さん>
こんにちは~あけましておめでとう御座いますv

>御蔵入り黒髪ロング葉書、いいですねぇ~
ありがとうございます(´∀`)
そう言って頂けると救われます。

レディ・ガガカッコイイですよね!
流行りものだから聞いてみるか~と思ってCD買いましたが、
これは本当に新しい音楽だ!と思いましたね。
パフォーマンス・ファッション・経歴共にすごいな…と、
思わず惹きつけられますね。

>日本の女性アーティストは精神面含めて華奢である
今回は女性に関してだけ記述しましたが、男性も含め、これは感じてます。
また、やはり士千さんが仰るとおり、
おそらくは周囲の環境が重要なんだと思いますね。

日本はなんやかんや言っても、没個性、、
恥の文化、みんな一緒、の国民性ですからね。。
芸能界や芸術界も結局はその枠内から逸脱した人を
評価することが難しいんだと思いますね。。
私もなんやかんやで日本人なので、
そこんとこはわかりますが、
せめてアート・芸術・芸能界くらいは
もっとフリーダムで居て欲しいですね。

また、日本は女性に「若さ・可愛らしさ」、
男性には「柔らかさ・当たり障りの無さ」を求めているから
そういった人しか出来上がらないのかも知れないですね。。

なーんて思う今日この頃です。。





Posted by イオ at 2011年01月16日 16:21
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック