2006年05月09日

永遠のサイクル

わたしは生み落とされた
永劫の過去から永遠の未来へと流れる
長い長い夢の重みを
からだの奥に残したまま
わたしは歩いた

灰色の空の下
無機質な空気に染まりながら
歩き続ける・・・
起こらないことへの恐怖におののき
時計じかけの神様に従う
ぼんやりとした天使たちにそそのかされ
支配された祈りを
捧げていた

やがて祈りがこだまして
もうひとりの「わたし」になった
この現象は連鎖しつづけ
黒い群集へと増殖した
そして「わたし」たちは探しはじめる
祈りの「意味」を・・・

それは
どこにもなくて・・・
・・・なにもなくて・・・   闇でさえもなかった

ある日とうとう
混乱が起きた
「わたし」たちはパニックになり
争い
わめき
叫び
あえぎ
消滅した

すべてが・・・くだけた

そして粉々になった残骸の中から
新しい「わたし」が誕生した

P1000063.JPG




posted by イオ at 17:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 自作痛ポエム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
シンクロ二シティというものでしょうか。今の私の内的世界、そのものが表現されています。絶句。
Posted by Goda at 2006年05月10日 23:11
Godaさま>こ・・これまた不思議ですね。
そうですか・・Godaさまの内的世界が表現されていましたか・・不思議です。
不思議不思議・・。
Posted by イオ at 2006年05月11日 11:54
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。