2006年07月04日

『ロシュフォールの恋人たち』

しつこくミュージカル映画のレビューが続きます♪♪
今日はジャック・ドゥミ監督の名作『ロシュフォールの恋人たち』です。
1966年フランスの作品。
主演カトリーヌ・ドヌーヴ、フランソワーズ・ドルレアック。
特別出演?でジョージ・チャキリスとジーン・ケリーが出てます。

rosyu2.JPG DVC00064.JPG

ん~いいですね。こういうミュージカル映画も好きです。
フランス西南部の美しい海辺の町ロシュフォール。この町に暮らす
美しい双子の姉妹と、その母親のそれぞれの恋模様を描いた作品です。
ミュージカルと言うよりは、もうオペレッタに近いです。
いつでも歌って踊っているかんじなんです(笑)
なのでミュージカル映画嫌いの方には耐えられない作品間違いナシ(笑)

MGM黄金期のミュージカル映画とは違った良さがあって好きです。
素朴で自然な感じネ。美しい街角・・・そしてそこを行き交う人々が
軽快にに歌っておどりだす・・・みたいなね♪♪

ちなみに、双子の姉妹役のカトリーヌ・ドヌーヴと
フランソワーズ・ドルレアックは本当の姉妹です。
そして、フランソワーズ・ドルレアックは67年に事故死してしまいました。
悲しいですね・・。生きていれば、カトリーヌ・ドヌーヴと一緒に、
その後の映画界を華やかに彩ってくれただろうに。

で、男性陣に関してですが・・・
ジョージ・チャキリスはやっぱり踊りが上手ですねー。
私はダンスとかに関してはド素人ですが、素人目でもわかります。
でもって、特別出演のジーン・ケリーが作品全体に明るさを与えていますねぇ(笑)

音楽に関しては、もう文句なし!!!
どのナンバーもとっってもす・て・き!
フランスっぽい美しく軽快なメロディに思わず心弾みます。
「♪♪ミファソラ~ミレ・レミファソ・ソ・ソ・レド♪♪」
っていう旋律はもう有名ですね。たしかなにかのCMに使われていた曲です。
この映画を知らない人でも、この旋律はきっと知っているはずです。
このほかのナンバーもほんとに良いですよ~♪
こういった映画を観ると、
「ああやっぱフランス語ってキレイだなぁ・・・」と思いますねぇ。
日本語もキレイだけどね。うん。
日本語はフランス語に負けないくらい美しい言語だと思ってます。
で、フランス語やっている方とかはこの映画を観て歌覚えるといいよ。
サントラとかあるのかなぁ・・?あるなら私欲しいわぁ。
でもね、実はこの映画、歌の部分のほとんどが吹き替えなんです。
ジーン・ケリーとかに至っては、フランス語しゃべれないから、
全部吹き替えらしい。たしかそうだったような気がします。

rosyu3.JPG rosyu4.JPG

↑ちなみに、双子の姉妹が町のフェスティバルで歌って踊るこのシーンは、
『紳士は金髪がお好き』の、マリリン・モンローとジェーン・ラッセルが
映画の冒頭部分で真っ赤なドレスを着て、歌って踊るシーンのパクリ
・・もとい、オマージュだそうです。

ミュージカル映画好きの方、フランス映画好きの方なんかは
是非観てみるといいですよ~♪♪






posted by イオ at 20:27| Comment(2) | TrackBack(0) | ミュージカル映画 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
イオさん、頑張ってるなぁ ( ̄□ ̄;)
残念ながらおいらこれも観てないです!
ミュージカル風味の映画のDVDも何枚か持ってるから
おいらも書きたいのが色々あるのに・・・ねむひ(笑)
Posted by モンコ at 2006年07月05日 00:36
モンコさん>はい(笑)ちょっとがんばってみました(笑)
でもミュージカル映画のレビューはこのへんで休憩したいと思います(^^)
ミュージカルばっか観ていたら疲れてきました(笑)

眠気にはかないませんよねぇ・・。
眠気が不可抗力ではなくって、
コントロールできる感覚ならいいのにってよく思います(笑)
眠りたくない時には何日も眠らなくても平気で、
眠りたい時はとことん眠り続けることができる・・・みたいな(笑)
Posted by イオ at 2006年07月05日 18:12
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック