2006年07月18日

空の対話

ねぇ・・・神さまは?

・・・逃げたよ。もうだいぶ前にね。
どうしてさ?

もう手に負えなくなったらしい・・・なにもかもが。
僕たちを残して?・・・何処へ行ったの?

・・・知らない。消えたのかもしれない。
消えたなんて・・・僕たちはどうすれば良いのさ?


消えるなら・・・消えればいいんだ。


・・・そもそも、はじめから・・・いなかったんだよ。きっと。
・・・じゃあ・・・どうすれば良い?
僕たちの祈りは無駄だったのかい?
なにもかもが・・・無意味だったってことなのか?


・・・知らない・・・知らない。
わからない・・・そんなこと・・・知らない。


いや・・・きっと・・きっと・・・いつか・・・

いっそのこと・・・
全部壊してくれて良かったのに。


コピー (2) ~ IMG.jpg
posted by イオ at 09:53| Comment(1) | TrackBack(0) | 自作痛ポエム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
注:この詩は携帯から読んだらほぼ無意味です。
パソからご覧下さい。
Posted by イオ at 2006年07月18日 11:26
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック