2006年08月13日

『天空の城ラピュタ』

ジブリレビュー第10弾は『天空の城ラピュタ』です。
これはもう名作の中の名作ですよね。
わかりやすく、そしてファンタスティックに物語が展開し、
エンターテインメント性も高くて、アニメーションも美しくって・・・
たくさんの大切なことを教えてくれる映画だと思います。

1986年の作品で、宮崎駿さんが手がけたオリジナル作品。
じつは、この『天空の城ラピュタ』が、
設立したばかりのスタジオジブリの第1作目なんですね。
この2年前に制作された『風の谷のナウシカ』は、
ジブリ設立前の作品なんだそうです。

74508959_144.jpg DVC00069.JPG

まず、印象深いシータのセリフをご紹介します。
このセリフは、クライマックスあたりで
シータがムスカに向かって言うセリフです。

「なぜラピュタが滅びたのか、私にはわかる。ゴンドアの歌にあるもの。
土に根をおろし、風と共に生きよう。
種と共に冬を越え、鳥と共に春を歌おう。
どんなに恐ろしい武器を持っても、たくさんの可哀相なロボットを操っても、
土から離れては生きられないのよ。」

はぁ~感動しますね。心に響きわたりますね。
21世紀の人間はこのセリフを心に刻まなくちゃいけないね。
高層ビルをボンボン立てたりとか、月の土地の売買とか・・・
そんなことしてる場合かよーって言いたい。マジで。
この作品が持つメッセージ性は21世紀になった今、
ますます強く我々に問いかけてくるように感じます。

キャラクターも魅力的で楽しくってすてきですよね。
シータとパズーはもちろんのこと、
ドーラとその息子たちのやりとりがおもしろくって笑えます(笑)
さらにムスカ大佐もステキです(笑)はっきり言って、ジブリ作品で、
ムスカほど「悪役です!!」って感じの悪役は他にいないと思います。
そういった意味では、この作品はちょっと勧善懲悪っぽい雰囲気がしますよね。
あと、ロボット兵もせつなくってすてきな登場人物?だと思います。
ちなみに、三鷹の森ジブリ美術館の屋上に行くとロボット兵に会えますよv

DVC00068.JPG 77739655_101.jpg

ラピュタ・・・ラピュタが持つ意味は果てしなく深いんだろうなー・・・。
美しいですよね、ラピュタ。今でも大きな入道雲のような雲を見ると、
「あそこにラピュタがある・・・」
とか半分本気で思ってます。(←ラピュタファンにありがちな病気)
さらに、嫌なことがあると「バルス!!」(←滅びの呪文)って叫んで、
何もかも滅ぼしたくなります。(←これもラピュタファンにありがちな行動)

それにしてもラピュタのつくりがキレイでうっとりしてしまいます。
本当に日本のアニメーション技術ってすごいんだなって感じますよね。
もう20年前!の作品なのに、ちっとも色あせない美しい作品です。

音楽も素晴らしいです・・・久石さんって宮崎駿さん同様天才ですね。
「君をのせて」大好きです。ラピュタが出てくる時の音楽とかも好きです。

もういちど我々はいろんなことを・・・
立ち止まって考えなきゃいけないんじゃないのかな。
・・・なんてことを思わせられる作品です。


posted by イオ at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | スタジオジブリ関連 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック