2006年10月09日

『CHICAGO』

さてさて、最近はお気に入りの映画をご紹介しているわけですが・・・
『CHICAGO』・・・『シカゴ』は、
もうお気に入りの中のお気に入りです!『キャバレー』と同じくらい好き!!
これは2002年のアメリカ作品で、監督はロブ・マーシャル。
主演レニー・ゼルヴィガー、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ、
リチャード・ギア、クイーン・ラティファ。
ちなみにルーシー・リューもちょこっと出ていますv

ボブ・フォッシーによる名作ミュージカルを映画化したこの作品は、
アカデミー賞で作品賞他6部門を受賞した傑作です!
平凡な女ロキシーと人気スターヴェルマ、悪徳弁護士ビリーが
繰り広げる殺人と欲望と裏切りのエンターテインメントです!!
20年代のシカゴの華麗で猥雑な様子がリアルかつ美しくクールに
再現されており、主演女優2人の迫真の演技がすばらしい!
でもって盛り込まれたミュージカルシーンはもう必見!!!

main_1.jpg chicago_10.jpg

この映画は映画館で観ました。スゴイ迫力と美しいミュージカルシーンと
すばらしいナンバーに大感動したのを覚えています。
でもってDVD持ってますサントラも持ってます。
舞台もそのうち・・・ってか今度来日したら絶対観に行きたいです。
なんていうか、ほんっとに、すばらしい映画だと思います。
大規模なミュージカル映画がつくられなくなった近年において、
かなり貴重な名作ミュージカルと言えると思いますよ!
chicago1.bmp chicago.jpg chicago2.bmp

とにかくダンス、歌、演出共にすばらしいと思います。とくにキャサリン。
キャサリンの歌と踊りはすごいです・・・!!
キャサリンはもともと舞台人だったようですね。
なので歌も踊りもきちっとしていてとにかくテクニカルです。
キャサリンは、この映画を撮るに当たって、『キャバレー』を
何度も観て勉強したらしいですよv
そして役者本人による歌がまたステキです。
この映画のサントラCDって、すごく売れたらしいですよv
まぁ売れて当然ですけどね・・・すごく良い歌ばっかだもんv
編集もテンポよくって観ていて気分良いですv
ストーリー展開も無駄がなくって、とにかくスカッとする内容ですよね!
衣装も当時のアール・デコな雰囲気が出ていて美しいー!!

chicago3.jpg

ナンバーについて詳しく語ると・・・

まずオープニングの「OVERTURE/AND ALL THAT JAZZ」は文句なしの名曲!
キャサリンもかなり力入れて練習したようですよ!
このナンバーはもう何度も何度も聞いています!
もう歌詞見ずに歌えますよワタシ(笑)
最後のほうの「No,I'm no one's wife  But,oh,I Iove my life
And all that jazz  That jazz!!」っていう歌詞が大好きです・・・!

そしてクイーン・ラティファのソロ、「WHEN YOU'RE GOOD TO MAMA」
もすんごい迫力で・・・その歌唱力に圧倒されます。
ヴェルマと5人の女囚人がボンテージっぽい衣装で踊って歌う
「CELL BLOCK TANGO」もこれまた大迫力・・・!
女囚人を演じるゴージャスな出演陣にも注目!!
レニーとリチャードの「WE BOTH REACHED FOR THE GUN」もすごいね。
操り人形風な演出は見事。もうお見事です。
レニーのソロ「ROXIE」もステキです。マリリン・モンローの
『紳士は金髪がお好き』風な演出がセンス光っています。
鏡を使っているシーンが好きですv
裁判のシーンの「RAZZLE DAZZLE」もすっごく凝っていてゴージャス!!

で、最後の「NOWADAYS/HOT HONEY RAG」は・・・もう感激。
主演2人がすごく楽しそうに演じているのが伝わってきます。
マシンガンでネオンを撃つシーンがもう大好きさ!スカッとする!!!

この映画も観ると元気になります。
心がスッカーーーー!!!っとします。

この映画はオススメですよ!!
posted by イオ at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ミュージカル映画 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック