2016年08月19日

1930年代の日本の動画

最近描いているヘンテコ漫画の時代設定は1932年の昭和7年です。

で、1930年代ってどんな感じなんだろう…と
youtubeで探してみたところ…なかなか良い動画がありました。





私が特に萌えたのは、やはり女性が紹介されているシーンですね。
キャプチャしてみました。
Japanofthe1930's_1color-髪結い1.jpg

Japanofthe1930's_1color-髪結い2.jpg

↑日本髪を結うシーンですウフフ。髪フェチにはたまらないシーンです。
日本髪は本当に面白い文化ですよね。大変そうだから普段の生活には向かないけど…。
ちなみに…現代人のほとんどが知らないと思いますが、明治5年(1872年)に、
「女子断髪禁止令」なるものが発令されていたんですよ。

明治4年8月9日に「脱刀の許可」と共に「散髪の許可」がいっしょに出されましたが、
長年親しんできたチョンマゲをあっさりと簡単に切ることは出来なかったようで、
ある県ではチョンマゲのままの人に税を課せるなどして、散髪を励行したそうです。
そしておもしろいのは当初は男性よりも女性のほうが好んで散髪しました。
当時の新聞には「女子の断髪は見るに忍びず」(明治5年3月新聞雑誌)
「婦女子の髪は従来通り」(明治5年4月新聞雑誌)などの記事があり、
近来婦女子がザンギリ頭になるのは趣意を取り違えていると批判しています。
そしてあげくの果てには政府から5年の4月「女子断髪禁止令」が出るほどでした。
現代なら男女不平等・男女差別で訴えかねないところです。
明治神宮Q&Aより引用)

つまり日本女性の長い黒髪はそのまま残すべき文化であり、
女が髪を短くするなんてとんでもない!!ということだったようです。
しかしその後、第一次世界大戦などがあり、西洋で断髪(おかっぱみたいな髪型)に
する女性が増え、日本でも断髪を決行する「モダンガール」いわゆる「モガ」が出現します。
あまり世間一般には受け入れられなかったようですが、幼女~10代前半くらいの少女が
おかっぱでさっそうと歩く姿はなかなか爽やかで可愛らしかったようで、
だんだんと世間でも受け入れられ、広がっていきます。
しかしやはり、10代後半くらいになると嫁入りを意識して
伸ばしはじめ、最終的にロングヘアにして過ごす人が多かったようです。

Japanofthe1930's_1color-着付け1.jpg

Japanofthe1930's_1color-着付け2.jpg


こちらは着物の着付け♪
着物ってほんと、組み合わせが難しいし着るのも大変だし…。
日本髪同様、とても優美で美しいんですけど、普段使いするには不便ですね。

Japanofthe1930's_1color-ひな祭り2.jpg

Japanofthe1930's_1color-ひな祭り1.jpg

↑かわいい女の子達♪ひな祭りの様子です。
キュートですね(*´ω`*)赤い着物がとても華やかで鮮やかです。
黒髪パッツンのおかっぱ頭との相性も抜群!!

昔の日本に戻りたいとは思いませんが、
和風とか日本独自の美みたいなものは残していきたいですね。
ここで大切なのは、上級国民様が小難しく講釈たれるような「伝統と格式の美」ではなく、
下流~中流くらいの庶民レベルでの日本文化を大切にすることが重要だと思いますね。
江戸の庶民文化みたいな感覚が好きです。うまく言えないけど…。

それにしてもyoutubeってホント色々な動画がありますね。
昭和日本を映したフィルムとかもたくさんあるので、
ご興味のある方は色々と検索してみると良いと思いますよ。

この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック