2016年09月04日

昭和初期の女学生をモチーフにした妙な漫画<7>

昭和初期女学生まんがpage7.jpg
昭和初期女学生漫画…7ページ目です。前回は⇒こちら

キラキラ部分は全部手書きで描きました…苦笑。
ひたすら点描…。服部分はカケアミ…。

池田理代子先生等の70年代~80年代前半くらいの作品を見ていると、
今では考えられないくらい、手書きで細かく器用に描きこんでいるように見えます。
なのでそれを模倣しつつ…時代に逆行して頑張ってみました。

点描とかカケアミって、無心になれるので結構好きです。
何も考えたくないときや邪念に憑りつかれているときって、
一心不乱に単調な作業をすると心が静まります。

写経とかもそういった効果があるんだと思います。

話は変わりますが……最近ふと思うのですが、
2000年前後くらいの、今から15年ほど前につくられた
アニメとか漫画やイラストを改めてしみじみと見ているとですね…なんというか、
ここ15年くらいでデジタル技術がすごく発展している様子がよくわかります。
「当たり前だろ」と言われてしまえばそうなんですけども、
我々が思っている以上に急速なスピードで発展していると思うのです。
例えばデジタルイラストですが…イラスト作成ソフトの
技術の発達がとても速いように感じますね。
液晶タブレットとかも今後はどんどん安価に出回るのではないでしょうか。

ホントに…私は以前からちょくちょく「技術的特異点」がどうとかこうとか
このブログでも書いておりますが、この調子だとホントにすごいスピードで
色々なことが急加速度的に発展していくと思います。
「1960年から1975年」の進化スピードよりも
「2000年から2015年」のスピードの方がはるかに速いわけです。
ゆるやかな右肩上がりの発展ではなく、倍倍ゲーム的な加速をしてゆく訳です。
ムーアの法則っていうんですかね…指数関数的に発展する訳ですよ。

あらゆることが本当に後戻りできないくらい…すごい世界が訪れるのかもしれません。
まぁ、そうなる前に何らかの形(世界規模の大災害とか強烈な太陽フレアとか)が
起こって、いったんリセットされてアナログ生活に戻されるような気もします。

もしくは人類滅亡か…。

なんてことをぼんやり考えてしまいます。
特に最近気になるのは、スマホの次に来るデバイスです。

いったいどんなものが普及するんでしょうかね。
ミニロボットかな。

☆★次のページは⇒こちら★☆


★★ランキング参加しています★★
よろしければクリックお願いいたします。

にほんブログ村 オリジナル漫画



posted by イオ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作漫画 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。