2016年11月22日

ネガティブな情報は見ないようにしましょう…テレビもネットも精神に悪影響!

ネガティブな情報は悪影響.jpg

以前「テレビを観ない生活」について記事を書きました。
今現在もテレビを観ない生活は続いていますが、
先日トランプ次期大統領爆誕の一連の騒動を見守りたいがために、
久しぶりにテレビを「つけっぱなし」にしてダラダラ観ていました。

そして改めて強く思いました。
テレビは人間の精神に対して「悪」であると。

ニュースで流れてくる情報はは当然ながら悪い情報ばかりです。
殺人・強姦・放火・事故・リンチ・景気後退・デモ・汚職…などばかりです。

そして、ニュースだけでなく、ゴールデンタイムの番組とかもひどいですね。
「女子アナの壮絶イジメ!!」「職場のイヤな上司エピソード!!」
「女をめぐって男同士で殺人事件に発展!!」「こじれた人間関係!恐怖の復讐劇!!」
みたいな特集番組が多いこと多いこと………。

ちなみに、テレビだけでなくネットもひどいですね。
ネット黎明期は純粋な趣味のホームページなどがネット界の主流でした。
まぁ、暗いサイトや危なげなサイトもありましたが、
今のように2ちゃんのまとめブログだとか、
過激なニュースや対立をあおる記事ばかり載せて広告料を稼ぐ人も居ませんでした。

結局、人間というものはポジティブな情報よりもネガティブな情報に強く引っ張られます。
これを心理学的には「ネガティブバイアス」と言うそうです。
恐怖や不安を感じる情報に対して本能的に自己を防衛しようとして、
ポジティブな情報よりも強く反応してしまうわけです。

あと、人は「怖いもの見たさ」「より過激なものに反応する」という性質もあります…。
なので「仲良し嫁姑エピソード♪」よりも
「壮絶!!鬼嫁VS糞姑!!」の方が視聴率が取れます。ネットの場合はアクセス数ですね。
「こんなに素晴らしい上司がいます♪」という話題よりも、
「イヤな糞ジジイ上司!!老害イヤミ上司!!」という話題の方が注目されます。

最近は、テレビは視聴率が取れずに悩んでいます。
ネットでまとめブログをやって広告料を稼ぐ人は、雨後のタケノコのように
日々乱立して誕生しまくるまとめブログの多さに悩んでいます。
すると「より過激な話題」ばかり取り上げて、
手っ取り早く視聴率やアクセス数を稼ぐようになります。

その結果、テレビもネットも民度が落ちつづけ…堕ちるところまで行ってます。

まぁ、むかしからテレビなんてワイドショーとか酷かったですし、
今に始まったことではありませんが…なんというか…
やはり悪い情報ばかりに日々接していると精神衛生上良くないと思います。

「何を大げさな…繊細すぎるよw」と思うかもしれませんが、
いやいや、人間というものは自分が思っているよりもはるかに強く
「外界からの情報」の影響を受け、精神構造がつくり上げられています。
個人的に、↓こういう実験を誰か専門家にしてみてほしいな…と思っています。

同じ家族構成の家庭をふたつ用意する(なるべく大家族で)。
一方の家族にはネガティブな情報ばかりが溢れるニュースや、
対立を煽るような番組を日常的に「テレビをつけっぱなし状態」にして観てもらう。
もう一方の家族には基本的にテレビを観ない生活をしてもらい、
観るときには「サザエさん」や「世界ネコ歩き」のようなほのぼの番組だけ観てもらう。

この生活を1年続けてみて…その結果人の精神にどのような違いが出るか、
家族間の争いや不仲の頻度はどうなったか…などを調査してみてほしいです。
勝手な推測ですが、結構な違いが出ると思いますよ。
まず、間違いなくテレビを観ない家庭の家族間のコミュニケーションは増すと思います。

ネガティブな情報に強く引っ張られる人は、
ネットもテレビもくれぐれも気を付けてください…。

私自身がまさに「ネガティブな情報に強く引っ張られる人」なので、
本当に気を付けないとすぐに気が滅入ってしまうのです…。
ちなみに、この症状は歳をとるごとに年々悪化しております…。

情報が溢れかえっている世の中だからこそ、
情報の選び方・情報との接し方には気を付けてください。

この記事を書くにあたって似たような考えの人が居ないか調べてみたのですが、
けっこうたくさんいましたね。やはり気づく人は気づくのですね。
「ネガティブな情報 見ない」とかで調べてみるといろいろ出てきます。

ネガティブな情報を避けすぎるのも良くないかもしれませんが、
これだけネガティブな情報が四方八方からなだれ込み、
手の中の長方形の電子機器もネガティブな情報をすばやく提供してくれるような世の中ですと、
なるべく避けて避けて避けまくった方が良いかもしれません。

ハッキリ言って、人がこれほどまでにネガティブな情報に埋もれる状態と言うのは、
人類史上初めてこのことなのではないのかな…と思います。

気を付けましょう。マジで。
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック