2018年01月09日

なぜ漫画やアニメの目は大きいのか

先日、井筒監督とマツコが対談している2017年の記事を読んでいたときに井筒監督のこの発言が個人的に気になりました。

アニメの聖地巡礼って片腹痛くなるわ。マジでアホちゃうかと。
そこにあんな目玉のデカい女子はおりまへんがな!


たしかに、ふと思ったんですが、なぜ漫画やアニメに描かれている人物の目は大きいのでしょうか。

なぜ目が大きいのか.jpg
漫画でもアニメでもディズニーでもそうですが、やけに目がデカい。
もちろん作者や種類によって大きさはまちまちですが、明らかに現実からは剥離しています。

なぜ目が大きいのか参考文献.JPG
そこで、私の本棚にあるこれらの本から、なぜ漫画やアニメの目が大きいのか勝手に推測してみました。
基本的に少女向けの雑誌や少女漫画のルーツを辿っています。

そもそものルーツは日本画・浮世絵(平面的で顔の陰影をあまりつけない描き方)

竹久夢二・高畠華宵・中原淳一・松本かづち…などの挿絵画家・抒情画家が人気を集める。

小説から絵物語(紙芝居みたいに絵のボリュームが多い小説)や漫画へと人気が徐々に移行するようになる。

倉金章介の『あんみつ姫』が人気になる。
その後手塚治虫が登場、少女向けの作品では『リボンの騎士』などが人気になる。

手塚治虫の絵に影響された人がたくさん出てくる。

イラストは高橋真琴、内藤ルネなどが人気に。
徐々に目が大きく、きらびやかになってゆく。

60年代、少女漫画黎明期を水野英子が切り開いた。
70年代に入り、花の24年組や池田理代子などにより少女漫画の絵柄が確立?される。

その後80年代、90年代に入り、目の大きさが進化。

最近は少女誌・少年誌・その他の漫画や萌え系によってそれぞれ傾向はあるものの、基本的には皆大きい。
特に女性や年少者を描くときは目が大きくなることが多い。
萌え系の絵はカードキャプターさくらやセーラームーンや魔女っこアニメ系から影響を受けた人が多いのでは…?



私が勝手に独断で少ない資料をもとに分析した結果はこんな感じになりました。
もちろん、もっとルーツは色々あるだろうし、もっと細かく分岐していると思います。
たとえば、手塚治虫はのらくろやディズニーから影響を受けたようですし、西洋の風刺画のデフォルメから影響を受けた人も居たかもしれません。

改めて考えてみると、色々とおもしろいですね。

タグ:アニメ 漫画
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください