2018年03月26日

都営下馬アパートを改めて散策する

このあいだ、都営下馬アパートについての記事を書きましたが、なんだか色々とノスタルジックな心境になり、わざわざ行って、改めて散策してみました。

↓まずは給水塔。堂々たる佇まいは健在です。ここ10数年で風雨にさらされ、さらに味わい深くなっております。
都営下馬アパート給水塔2018_2-a.JPG

都営下馬アパート給水塔2018_3-a.JPG

都営下馬アパート給水塔2018-a.JPG

都営下馬アパート給水塔_遠くから-a.jpg

↓もう取り壊されてしまった建物の跡。更地になっています。
都営下馬アパート更地-a.JPG

↓近くにある美容院。昭和レトロな雰囲気がとても素敵です。
都営下馬アパート理容院2018-a.JPG

↓何とも言えない佇まい。昔は住人がたくさん集ったり、子供たちが遊んだりして盛況していたんでしょうね。
都営下馬アパート更地の隣-a.jpg

↓こういう雰囲気のタイルやガラスの造りってすごく好きです。昭和っぽいです。
都営下馬アパート_昭和的ガラスとタイル2018-a.JPG

↓おまけ。給水塔の近くに落ちていた松ぼっくり。
都営下馬アパート松ぼっくり2018-a.JPG

なんというか、改めて客観的視点で観察してみると、こういう大規模な古い団地って本当に色々と…感慨深いものがあります。

近くにある異世界のような…もうすぐ無くなってしまうかもしれないと思うと寂しいです。
でもいつまでも残しておくと安全・防火上危険かもしれないから…取り壊しは仕方ないですね。

ちなみに、この都営下馬アパートを抜けると栄通り(商店街)があります。
そこの様子も写真を撮ってきたので次回に続きます。

★スポンサードリンク★



この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください