2018年04月02日

都営下馬アパートを改めて散策する~その2~

都営下馬アパート散策ネタの続きです。
アパートの近くにある個人的に気に入っているスポットの写真をご紹介します。

まずは、都営下馬アパートの近くにある「こどものひろば公園」という不思議な公園…。
この公園も昔からあります。ところどころ変化はありますが、全体的な雰囲気は変わっていないと思います。
都営下馬アパート公園の様子-a.JPG

都営下馬アパート公園の遊具-a.JPG

都営下馬アパート公園の遊具_2-a.JPG

↓銭湯があります。その近くにはコインランドリーも…なんか破けちゃってるよ…。
三軒茶屋銭湯とコインランドリー-a.JPG

↓栄通りに行く途中に「FUJIYAMA」という不思議なレコードショップがあります。このお店も昔からありますね…。
三軒茶屋レコードショップFUJIYAMA-a.JPG

三軒茶屋レコードショップFUJIYAMA_2-a.JPG

↓ヴィレッジヴァンガードの近くに小道があり、その空間が個人的にとても好きです。
三軒茶屋栄通りの小道-a.JPG

↓インベーダーゲームと書かれた看板が古めかしくて雰囲気ありますね。今は営業してないようですが。
三軒茶屋インベーダーゲーム-a.JPG

そんな感じで…改めて観察してみると、色々と感慨深いなぁとしみじみ思いました。
三軒茶屋もここ10数年で色々変わりました。
昔は三軒茶屋なんてジジババの街というか、落ち着いた雰囲気の特に何もない静かな街でした。
目立つものと言ったら「アムス西武(今の西友)」くらいで、他にはほとんど何もないと言っても過言ではないくらい、特に何もなかったです。
子供の頃、アムス西武の最上階にあるサンリオショップや本屋で親に何か買ってもらうのが楽しみでした。

三軒茶屋がグッと変化するきっかけになったのは、1996年にキャロットタワーができてからですかね。
そしてTSUTAYAが入り、若者の話題のスポット(?)になったのでした。
その後はビックリするくらいのスピードでオシャレ化が進み、「住みたい街ランキング」などでも上位になったりして驚いたのを覚えています。
そして、ビッグエコーができて…ヴィレッジヴァンガードができて…あっという間に三茶は「下北沢化」したのでした。

今後はどんな街になるのでしょうかね。

写真の枚数が思いのほか多くなったのではてなフォトにアップしました。
興味のある人なんてあんまりいないだろうけど、見たい方はこちらからドウゾです
はてなフォト下馬周辺地域写真

★スポンサードリンク★




この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください