2018年04月26日

キラキラ好きな乙女が悶える画像

数年前に昭和の指輪について長々と記述した記事を書きましたが…その後、インスタグラムとかTwitterなどの普及により、昭和30年代半ば~に流行したような千本透かしの昭和の指輪が一部の女性たちに人気が出ているようですね。
文化保存(?)の点で考えてみても、とても良いことなんじゃないかなと思います。

おそらく、石がひとつデカデカとゴロンと付いているデザインが、どことなく昭和を漂わせるおもちゃの指輪っぽくてトキめくんだと思います。

PicsArt_03-21-10.03.39.jpg
私はその後も、たまに安い品で良さげなものを発見するとチマチマ購入していて、なんやかんやで溜まりました。
どれもこれも、安いイミテーションやアクセサリーレベルの品ですので、たいした価値はありませんが見ているだけでなんだかトキメキます。
ちなみにこの指輪ケースは100均で購入したコレクションケースに、100均のフェルトを詰め込んで作ったお手製です(笑)

PicsArt_03-21-10.02.11.jpg
↑コレクションの中で一番きれいで高価なのはコレ。薄いアメジストにシルバーの地金です。高価と言ってもたいした値段ではありません。
明らかにキャスト(鋳造)で出来ている千本透かしです。1960年代後半くらいなのかなぁ…。

PicsArt_03-21-10.05.41.jpg
きれい。

乙女が喜ぶ画像1.JPG
部屋を整理していたら数年前に購入したセボンスターデラックスや駄菓子屋系の鍵ペンダントが出てきました。せっかくなので、綺麗に配置して写真撮影をしてみました。

乙女が喜ぶ画像2.JPG
こういうの…インスタ女子とかが好きそうだ。

PicsArt_03-22-12.58.18.jpg
キラキラ!

やっぱり…こういう女児玩具系のアクセサリーって萌えますね。
私はもうオバハンですが、たまにこういう乙女な世界観に浸るとなんだかすごく癒されます。

★スポンサードリンク★




posted by イオ at 00:00| Comment(0) | 装飾品・雑貨など | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください