2016年04月03日

香港土産いろいろ

香港土産白花油と紫花油.JPG
親戚から香港土産を頂きました。
まず、香港土産の定番?らしい「白花油」とその類似品「紫花油」です。
これらの油はハッカやユーカリ、ウィンターグリーンなどの油がMIXされている製品のようで、
頭痛・鼻づまり・虫刺され・肩こり…などに効くそうです。
患部にほんの少し(1滴の半分~1滴ぐらい)塗って使用します。
塗りすぎるとスース―しすぎて大変なことになります。
軽い頭痛に効果てきめんでした。おススメです。(頭痛の場合はこめかみに塗って使用します)
白花油より紫花油の方が若干マイルドな効き目でした。
白花油はちょっとキツいなぁ…という方は紫花油の方がいいかもしれません。

香港土産白花油と紫花油-2.JPG
この昭和レトロ風味な小瓶が非常に可愛いですよね♪
まるで戦前日本の化粧品や水薬の瓶のようで、
レトロな瓶が好きな私としては、この瓶を見ているだけで萌え萌えしてきます。

白花油新商品.JPG
↑これは「白花油の新商品でラベンダー配合らしい」
と言って渡されましたが、真意のほどはよくわかりません。
たしかに、香りが従来品より良い匂いのような気がしないでもない。
効能はたいして何も変わりないようです。
しかしこのパッケージ…センス無いですね…。
従来品のレトロなデザインの方が断然良いです。
斬新なパッケージにして若い層に買ってもらおうとしたのでしょうか?
それにしても…もっとましなデザインにできなかったのか…。

香港土産桂花烏龍茶.JPG
そしてこれは桂花烏龍茶。「桂花」とはキンモクセイのことです。
とってもいい香りのする美味しいお茶でした。おススメです。

香港土産リプトンジャスミンティー.JPG
これはリプトンの茉莉花茶、つまりジャスミンティーです。
普通に美味しい典型的なジャスミンティーでした。
日本では発売されていないようですが…日本でも売ればいいのに。

香港土産マンゴーポッキー.JPG
これはマンゴーポッキー。美味しいです。
なんというか、こういった品のように、
「海外のスーパーで売られている平凡なお菓子だけど、
日本では売ってそうで売ってない商品」ってお土産良いですよね。

香港龍鬢糖.JPG
そしてこれ…「香港龍鬢糖」というお菓子。

香港龍鬢糖2.JPG
見た目は繭玉のようでカワイイ。ふわふわです。

香港龍鬢糖3.JPG
↑一口かじったら…ご覧のありさまだよ。ボロンボロンになってしまったよ…。
しかもあんまりおいしくない…。“杏仁味”と書いてある通り、
杏仁豆腐の味がしますが、イマイチなお味です。
見た目は面白いけどね。

香港ねぇ…
むかーしむかし、返還前に一度家族旅行で行ったことがありますが、
物価も高いし、観光名所もあるようで無い…印象の薄い国でした。
「ビジネスマンとか富豪や資産家が一時的に立ち寄る国」ってイメージが強い国です。

でもお土産ってのはやっぱり嬉しいですね(*´ω`*)


posted by イオ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年01月17日

琥珀糖作りに挑戦~成功と失敗と変な物体~

ネットで少し前に話題になった「琥珀糖」を作ってみました。
なんか…ツイッターなどを見てみると、
「琥珀糖作りました!」って言ってきれいな写真をアップしている人たちって、
オタクっぽい女性が多いような気がします。
なんでヲタ女子ってこういうの好きなんだろうね。
鉱石とか…そういうの好きだよなぁ…まぁ私もですけど。

琥珀糖.JPG
結論から言うと、成功したのは全体の1割程度で、
残りはすべてうまく固まらず…失敗しました…。
「琥珀糖が固まらない」というこの絶望感と言ったら半端ないです。

せっかくなので失敗した原因を下記にまとめてみました。
↓ちなみに、レシピはこちらのサイトを参考にしました。
http://curet.jp/article/4663

■失敗の原因その1:棒寒天を使ったから■
糸寒天を探したのですが見つからず、
ネットで買うのもめんどくさいので棒寒天を使用しました。
…これがいけなかったようです。
しかしながら、棒寒天でもきちんと丁寧に溶かし切れば成功するようです。
事実、↓こちらのブログの方は棒寒天でも成功されています。
http://skuu.boo.jp/kohakutou/

どうやら私は棒寒天を溶かし切れていなかったようです…。
固まらない原因はそこにあるようです。重要なポイントですね。
ただし、今回、全体の一部が成功したということを考えると、
あともう少し丁寧に溶かしていれば成功率が上がったと思われます。

■失敗の原因その2:ジュースときちんと混ぜなかったから■
調理の最終段階で、砂糖と寒天の融合体のドロドロを
ジュースやシロップに注ぎ込むときに、
きちんと色が均一になるように混ぜないと固まりづらくなるようです。
特にかき氷シロップを混ぜる場合、シロップが多すぎたり、
均一に混ぜなかった場合、いつまでたっても表面が固まらず、
失敗の確率が高くなるようです。
マーブル模様やコンフェッティのような雰囲気に仕上げたい場合は、
固まるまでにとても時間がかかるそうです。


ちなみに、失敗した大部分…
大量の砂糖と寒天のドロドロ融合体をどうしよう…と途方に暮れ、
色々やってみたら変な物体が出来上がりました。

琥珀糖失敗2.JPG 琥珀糖失敗2-2.JPG
まず、ドロドロ融合体を、水あめを練るように練り混ぜて、
その後ちょっと硬くなってきたところをスプーンですくって小分けにし、
キッチンペーパーに並べて乾かしてみました。
すると…なんだかシーグラスのような物体が出来上がりました。
もっと形を整えられれば…これはこれでアリかもしれません。
食感は砂糖のジョリジョリと琥珀糖のプルプル感が混ぜこぜになっている感じです。

琥珀糖失敗.JPG
↑そしてこちらは、ドロドロ融合体を練り混ぜ、
それを一晩冷蔵庫に置き、表面がカチカチに固まったところを
スプーンですくいだして丸め、乾かしたものです。
これも…これはこれでアリなような気がしないでもない。
食感は「柔らかい金平糖」って感じです。

しかし…当然ながらどれもみんな砂糖のカタマリなので甘い。
和菓子だから当然ですね。
濃い抹茶や渋い日本茶といっしょに食べると美味しいですね。

はぁ…。
料理に失敗するとほんとに凹みます。
私はドケチゆえに材料費を無駄にすることに耐えられないので、
失敗してもきちんと食べます。胃袋に入れます。
炭みたいに丸焦げになったりしたらさすがに無理ですけど。。

あーあ。疲れた。


posted by イオ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年01月01日

迎春2016…

ハムスター迎春2016.JPG

2016年ですね…。
実は昨日の大晦日にハムスターが死んでしまいました。
なので全然正月気分じゃない…切ないです。
死に際の詳細はハムスターブログに書きました。
完璧に最期を看取りました。

ハムスター迎春2016-2.JPG

これらの写真は、クリスマス頃に早々と撮影して編集まで済ませていた写真です。
ペットがいると、こういう写真撮るのが楽しいですね。

それにしても…私は今まで、
「ペットを責任もって現代的な細やかなケアをしながら死ぬまできちんと飼う」
ということをしたことがなくて、今回ハムスターを飼ったことによって色々と学びました。
昭和時代のような雑な飼い方では許されない昨今において、
ペットを飼うってすごく大変なんですね。
ハムスター1匹でこんなに大変だとは思いませんでした。
うちの近所には犬を飼っている人が多いのですが、正直尊敬します。

今まで「猫飼いたいナ~」なんて気軽に思っていたけど、
犬猫飼うって…想像しただけですごく大変そうです。

なんやかんやで最後の最後にとても悲しい1年になってしましました。

そして、去年は色々と自分の無能さを思い知った1年でした。
今年はどんな年になるかなぁ。

相変わらずジャンルごった煮のへっぽこブログですが、
今年もどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

タグ:ハムスター
posted by イオ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする