2006年11月03日

ある秋の日

木枯らしのなか
ひとり
ひとがいました
そのひとは
カラカラにかわいていました
こころのしずくを失って
ひび割れて
吹きすさぶ風にさらわれて
そのからだは
はらはらと消えてゆきます

「・・・水を、差し上げましょうか?」
「いいえ・・・いいえ。もう手遅れなのです。・・・ありがとう。」

そのとき
いっそう強い風が吹き荒れて
そのひとは
消えてしまいました

あとには
わたしだけが・・・残りました

わたしだけが わたしだけが わたしだけが


ひとり

残りました 残りました 残りました



????????.JPG
posted by イオ at 19:36| Comment(3) | TrackBack(0) | 自作痛ポエム | 更新情報をチェックする

2006年09月11日

Daybreak

残酷な夜が過ぎ去り
激痛をともなう朝がやって来た
永遠の旅路にはまだ遠くて
現実が容赦なく私を叱責する

変わろうとしても変われなくて
世界も終わりそうでなかなか終わらない
どこへ行けば良いのかもわからず
ただうずくまってじっとしているしかない

それでも闇と絶望が追ってくる


どんよりとした重い空の日も
晴れわたった青空の日も
いつも私の心は変わらず
・・・生きたまま死んでいる

うつろな心はもはや諦念につつまれて

長い沈黙と共に


・・・世界の覚醒を望む
・・・新しい夜明けと共に

zawameki.jpg


posted by イオ at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作痛ポエム | 更新情報をチェックする

2006年08月21日

無題

哀しかった
ただ 無意味に哀しかった
どうしようもなかった
誰もいなかった

寂しかった
ただ 無意味に寂しかった
どうかしていた
何もなかった

報われないことは
はじめから嫌というほど分かっていた


痛かった
ただ 無意味に痛かった
どうにもならなかった
何処にもなかった


それは心地よい激痛だった

mudai.JPG
posted by イオ at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作痛ポエム | 更新情報をチェックする