2006年08月02日

『魔女の宅急便』

ジブリレビュー第4弾は、『魔女の宅急便』です。
実にさわやかな作品ですよね。
この作品は、小さいころに観ても感動しましたが、大きくなってから
観てみてもまた、大きな感動があります。
「おちこんだりもしたけれど、私はげんきです」というキャッチコピーが、
実にすっきりしていて味わいがあり、
この映画を見事にあらわしているコピーですよね。
キキのかわいらしくさっぱりしたキャラクターがすごく好感がもてるし、
ジジがまたかわいいですよねぇ~。黒猫飼っている人ってだいたい80%
くらいの確率で「ジジ」って名前付けていますよね(笑)
トンボやおそのさんなど、脇を固める魅力あるキャラクターも素敵です。
西洋の美しい街並みもまた、うっとりするほどきれいですよね。

kiki.jpg

この作品は、自立すること、働くこと、生きがい、友達・・・などなど、
人生におけるさまざまなことを優しく教えてくれる、
すぐれた教材でもあると思います。
キキがスランプに陥ったときに、優しく支えてくれるおそのさんや
ウルスラ(森に住んでいる絵描きのおねーさん)が、ほんとに暖かいですよね。
色々な人に支えられ、自分を見つめて、様々なことを学んでゆくキキ・・・。
そして、クライマックスで気球から落ちそうになっているトンボを
助けてあげるシーンは、実に爽快ですね!!

映画の中で、キキがまっすぐ成長してゆく姿が、観る者の心に残ります。
そんなこんなで、この作品って、ホントに素晴らしい作品だと思います。
落ち込んだときに観たい映画ベスト5の中に入りますね。ええ。
久石さんの音楽も良いね~。大好きです。高山みなみさんの声もステキです。
キキが大空を飛ぶシーン、鳥と一緒にとび、突風で落ちちゃうシーンや、
クライマックスの気球シーンも、実にスピード感があってなめらかで、
ジブリのアニメーション技術の高さがわかりますね~。


またこういった作品がジブリでつくられると良いですね。

jiji.jpg








posted by イオ at 07:13| Comment(2) | TrackBack(1) | スタジオジブリ関連 | 更新情報をチェックする

2006年08月01日

『ゲド戦記』を観てきました。

ジブリレビュー第3弾は、現在公開中の『ゲド戦記』です。
今日朝イチで観てまいりました。

この作品に関する感想や批評をネットでみてみましたが、
ことごとく賛否両論ですね・・・。
ボロクソに酷評している方もいらっしゃいました。
その一方で、この作品が好きだ、と言う方もけっこういますね。

gedo2.JPG gedo3.JPG

・・・・・・・・・・これは賛否両論になるはずだ。うん・・。
まず、私の率直な感想は、
嫌いじゃないけど、批判する人の気持ちもわかる、といったところです・・。
この『ゲド戦記』は、相当ダークです。
ジブリいちダークさを誇る作品だと思います。怖いです(笑)
怖いし、不気味だし・・・ちょっとグロいです。
私はダークなもの大好きなので、この作品がもつダークさには惹かれました。
でも、ジブリに爽やかさや、かわいさなどを第1に求めている人は、
この作品・・・NGでしょうねー。
でもって・・・かなりストーリーに無理がありますよこれ。
原作を読んでいることが前提になっているような感じがしました。
なので、原作を読んでいない私なんかは「???」という箇所が
かなりありました。ちょっと話についてゆけませんでした。
そして、命がどうとか、光と闇が何だとか・・・
セリフひとつひとつが説教臭くって重かったです。
この作品は子供向けではないです。怖いし難しいもん。
子どもたちがけっこう観に来ていましたが、
あの子達はどういう感想を抱いたんだろう・・・?

そして、この作品、とっても現代的な感じがしました。
とにかく主人公アレンが暗い暗い。すんごい鬱な少年なんですよ彼。
そして父親を殺してしまうし、自殺願望があるし、いきなりキレるし・・・
誘惑に弱いし・・・これ、まさに現代の若者じゃありませんか。
そういう意味ではかなり興味深い設定だと思いました。
今までのジブリにはない感じですね。
吾朗さんはこのままダーク路線の作品づくりすればいいんじゃないかな・・・
なんて思ってしまいました(笑)

gedo1.JPG gedo5.JPG

そう・・・気になるのが吾朗さんですよね。
どうして今になってイキナリ監督としてひょっこり出てきたのか・・・。
はじめて吾朗さんの話を聞いたときは、
「えっ!?ジブリの監督って世襲なの!?」って思いましたよね?
・・・本当にどうして吾朗さんがこういうかたちで出てきたのだろうか。
吾朗さんって、長編アニメに関してはシロウト同然とか聞きました。
・・・いや、シロウト同然でここまでつくれるのはすごい事ですが、
どうしていきなり映画つくっちゃったんだろう・・・?
裏では色々言われていますよね・・・。鈴木プロデューサーと駿監督の
対立が激しいとか、今回の『ゲド戦記』の話を吾朗氏に持ちかけたのは
鈴木プロデューサーだとか・・・。宮崎父子の確執がどうとかこうとか・・。
いったいどこまでが本当なのかはわかりませんが、
なんだかジブリも色々ありそうですよね。
・・・主人公アレンは、偉大な父を持ち苦悩する少年なんです。
・・・なんだか、吾朗氏とかぶってみえてしまいました・・・。

それで・・・細かく偉そうに批評を続けると・・・
まず、なんだか無駄が多い気がしました・・・。
やけにシーンが細切れになるというか・・・
そして、やけに無言のシーンが多いんです。無言で歩き続けるシーンとか、
風景だけをうつしたシーンが多い・・・。
そして・・・音楽が、久石さんではなく、寺嶋民哉という方なんです。
いや、すごくキレイな音楽なんですが・・・なんだか・・・
大げさすぎる気が否めませんでした・・・。
そして声優が・・・。どうして有名人とか新人とかを使うんだろう・・。
力不足な感じが目立っている箇所が多かったです・・・。
そしてストーリーが・・・原作読んでない者にはついてゆけません・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・。

でも!でもね!キレイですよ!クライマックスはちょっと感動しました。
「吾朗氏の処女作」として暖かい目で観れば、美しい作品だと思います。

ジブリのこれからを見守ってゆきたいですね。

gedo4.JPG




posted by イオ at 13:06| Comment(0) | TrackBack(1) | スタジオジブリ関連 | 更新情報をチェックする

2006年07月31日

『猫の恩返し』と『On Your Mark』

ジブリレビュー第2弾。まずは『猫の恩返し』から。
これは2002年の作品で、監督は森田宏幸さん。企画が宮崎駿さん。
これ・・・けっこう「観ず嫌い」している方が多いのではないでしょうか?
私はこの作品好きですよ。けっこう素敵な作品だと思います。
・・・ただ、大人が真剣に観るような作品ではない・・・というか、
なんでしょうね・・・ドラえもんを観るようなテンションで観ると楽しめます。

neko1.JPG n2ko3.JPG

この作品は、原作が『耳をすませば』の柊あおいさんです。
でもって、この『猫の恩返し』は、『耳をすませば』の雫ちゃんが、
大きくなって小説家になって書いた物語という設定らしいです。たぶん。

主人公ハルは、ある日ひょんなことからとある猫の命を救う。
なんと、その猫は猫の国の王子様だった!!
で、王国の猫たちが総動員されてハルに恩返しをしに来る。
ハルはその状況をどうしたらいいのか分からず、バロン男爵とその相棒?
である猫のムタに助けを求める・・・
そんなこんなで繰り広げられるドタバタコメディ?です。
実にさわやかで、ちょっぴり切なくなるかわいい作品だと思います。

気分が落ち込んだときに観るといいですよ。
でも・・・どちらかというと、女性向きかなー。
間違ってもナウシカやもののけやラピュタを観るときの
テンションで観ちゃダメですよ(笑)もっと軽いものです。良い意味でね。


さて次は『On Your Mark』です。
これは、チャゲ&アスカの曲のプロモーションビデオとして宮崎駿さんが
手がけた、実に感動的な短編アニメーションです。

onyour1.JPG onyour2.JPG

ストーリーは、おそらく・・・
近未来、原子爆弾?かなにかおそろしいものをつくっている政治団体?
か宗教団体?のようなところに拉致された天使の少女を、
チャゲとアスカが助け出し、空へと解き放ってくれる、という感じのお話です。

数ヶ月前、猫の恩返しと一緒に金曜ロードショーで放送されているときに、
はじめてこの映像を観ました。カンドーしましたよ。
この短い映像のなかに、駿思想がかなりたくさん詰め込まれているように
感じられました。
駿ファンの方は、是非観るべし!!!

onyour3.JPG onyour4.JPG





posted by イオ at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | スタジオジブリ関連 | 更新情報をチェックする