2006年06月06日

東京・曇り空・僕の日常

不思議な夢をみた
澄んだ空気が僕を包んで
やわらかな風に絡みながら上昇した
どんどん高く昇っていって
何もかもを超越してゆくようだったよ
そして視界が開けて・・・何かを見たんだけど
目が覚めたら全部忘れてしまっていた
それがどんな色で、どんな温度で・・・
光だったのか闇だったのかも忘れてしまったけど・・・

なぜだか・・・涙があふれてきて止まらなかった

ふと窓の外を見ると
どんよりとした曇り空で
まだ昼前なのにうす暗くにび色に染まっていた
まるで、これから世界が終わるような天気で
一瞬死にたい衝動に駆られたけど
これから友達と映画を観に行く約束があるから
まだ死ねないなぁ・・・なんて思ってみたりするんだよね

それでもって宇宙がひっくり返るような奇跡を願いつづけて
今日で何日目になるんだろう・・・なんて考えてみたりしてさ

重苦しい天気と湿気にヤられながらボーっとしてしまった

(どうやら、待ち合わせに遅れそうです。)

DVC00048.JPG
posted by イオ at 09:53
"東京・曇り空・僕の日常"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。