2006年08月04日

『千と千尋の神隠し』

ジブリレビュー第6弾は、『千と千尋の神隠し』です。
この作品・・・好きなんですけど、
私にとっては、ピンとこない部分が多い作品でもあります。
とっても楽しいエンターテインメントですし、
働くことや礼儀作法や生きるガッツ?などを教えてくれ、
さらに八百万の神々の大切さ、自然の偉大さを教えてくれる作品だと思う
のですが、意外と難しい思想が含まれた作品でもあると思います。

senn.jpg

やる気のなさそ~な現代っ子の千尋が、不思議の国で、
様々なことを学んでゆくという、ジブリお得意の「少女のこころの葛藤」
を描いた作品ですよね。
始終可愛らしいキャラクターと、魅力的な登場人物に囲まれて
美しい背景美術のなかで繰り広げられるこの作品は、それだけで
素晴らしいのです・・・が、やはり難関な部分もある・・・。
特に「カオナシ」の存在ですね。パンフレットには、
「己というものを持たない悲しい存在」というふうに書いてありました。
・・・深いですね。カオナシと千尋のやりとりが、かなり
印象深く残っています。カオナシの存在を考えないと、この作品は
深く理解できないような気がします。
あと、ハクの存在もけっこう謎だと思うんですけどね。ええ。
竜になるし・・・川の神様だったってことで良いんですかね?
そんなこんなで、『千と千尋の神隠し』は、
け・・・っこう深いものがある難解作品だと思います。

70516615_143.jpg senntochihiro.jpg

それにしても湯婆婆の迫力すごいですよね。夏木マリの声が
素晴らしいです。よくあんなに上手にあんな声が出せるなぁ・・。すごーい。
あと、個人的に好きなキャラクターはオオトリ様です。
ヒヨコの神様ってやつです。おっきなヒヨコで、あたまに葉っぱのせている
のがすっごくキュート!!ぬいぐるみ持ってます(笑)
そして、好きなシーンは、千尋とカオナシが水上電車?のようなものに乗って、
銭婆の家へ向かうシーンです。すごく美しいシーンですよね?
なんだか、杉井ギサブロー氏の『銀河鉄道の夜』の雰囲気を感じました。
途中の「沼原」という駅に立たずんでいる真っ黒なおじさんと女の子が
すごく目に焼きついて忘れられません。

そんなこんなで、この作品、とっても楽しい作品ですが、
やはり駿思想がたくさん詰め込まれている深みある作品なんだな、と、
思い知らされる作品だと思います。
posted by イオ at 01:47
"『千と千尋の神隠し』"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。