2006年08月05日

『となりのトトロ』

ジブリレビュー第7弾は、『となりのトトロ』です。
いいですよね・・・この作品。このあいだ金曜ロードショーで
放送されていましたよね。久しぶりに全部じっくり鑑賞しました。

・・・泣・き・ま・し・た・・・。
最近涙もろくなったとはいえ、トトロで泣くとは思いませんでした(笑)
これもまた、小さいころに観るのと大人になってから観るのとでは、
感動や印象が大きく違いますね。

totoro1.JPG totoro2.JPG

まず・・・この作品は、昔の日本の良さが美しくさわやかに描かれている
のがすばらしいですよねっ!
この作品の時代設定は昭和20~30年代くらいと言われています。
田んぼが広がる田園風景・・・井戸、おいしそうな野菜、昔っぽい家、
不便そうな電話・・・どれもこれもなつかしく、みずみずしいです。

そして、魅力的なキャラクター、CGなどに頼らずにつくりあげた
美しく、なめらかなアニメーション・・・上手な声優陣・・・。
どれをとってもすばらしいです!!もうべた褒めしちゃいますよホントに。
声優の中で注目して欲しいのがおばあちゃん役の方です。
おばあちゃんの声、なまり、雰囲気、イントネーション・・・
すっごくリアルですよね。びっくりするくらい上手で、本当に
どこかにいる田舎のおばあちゃんですよ。まさに。
この声の持ち主は、北林谷栄という方です。本格声優ではなく、
ベテランの役者さんらしいです。
ちなみに、お母さん役は、ナウシカの声の方ですよv
あと、久石さんの音楽がこれまたステキですよね。
「となりのトットロ・トットロ~♪♪」とか、
「あ・る・こ~♪あ・る・こ~♪」とか、昔よく歌っていました。

で、トトロとか、まっくろくろすけとか、ネコバスとか、
宮崎駿さんの頭の中は一体どうなっているんだろう、と思わずには
いられないようなファンタスティックなキャラクターがまたキュートです。
トトロ・・・かわいすぎる(萌)大トトロ、中トトロ、小トトロ・・・
どれも大好きですvでもなぜか中トトロが一番好きですv
あぁ~トトロにしがみつきたい~~♪まっくろくろすけにも会いたい・・。
『千と千尋の神隠し』にまっくろくろすけ出てきましたよね。ふふふv
ネコバスにも乗りたい・・・(真剣)
数年前、三鷹の森ジブリ美術館に行ったんです。そうしたら、なんと、
ネコバスがあるではありませんか・・・!!
でも、「大人はご遠慮ください」とか書いてあった・・・。
クソガ・・お子さまたちは自由に乗ってわいわい遊んでいるんですよ・・・(悔)
当時高校生だったので、「まだ子供です!!」とか言いはって
乗り込んでやろうとか思いましたが、無理でした・・・笑。

totoro.jpg totoro3.jpg

さつきとメイのやりとりもリアルで、微笑ましいですよね。
母親がいない中で、さつきががんばっていいお姉ちゃんっぷりを
発揮しているのがいじらしくって清々しいです。
1番心に残る場面は、お母さんの一時帰宅が先送りになってしまった日、
さつきが「お母さん死んじゃったらどうしよう・・・」って言って、
号泣しておばあちゃんに泣きつくシーンがありますよね?
あそこで、メイがこっそりそのおねえちゃんの姿を目撃しているんですね。
そのあとメイはとうもろこしを持って、病院まで行こうとして行方不明
になるのですが、このときのメイの心情を考えると泣けますね。
いつも自分を叱って守ってくれているしっかり者のお姉ちゃんが、
号泣している・・・いつも泣いてばっかりいるのは自分の方なのに・・
お姉ちゃんもつらいんだ。自分もなんか役に立たなきゃ・・・とか
思ったんでしょうねメイは。私はそう解釈しています。
そして鑑賞者にこう解釈させられるような上手な演出をしているってのが
すばらしい・・・。この演出は本当にすばらしい名シーンだと思います。

そして最後、さつきはネコバスに乗ってメイを見つける・・・
感動のシーンだね~(泣)私はひとりっ子なので、こういった
きょうだい愛がテーマになっているような物語をみると、
「あぁ~きょうだいっていいな~」ってうらやましく思います。

それしにても、トトロって精霊のような、「神的存在」なんでしょうか?
森の守り神?みたいな解釈でいいのかしら。けっこう難しいね。

この作品は次世代に残すべき名作です。大好き。

posted by イオ at 08:20
"『となりのトトロ』"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。