2007年01月21日

新宿にて『悦楽共犯者』を鑑賞v

070120_104940.jpg eturaku4.bmp eturaku3.jpg

昨日、新宿のK's cinema(ケイズシネマ)というミニシアターで、
ヤン・シュヴァンクマイエルという監督作品のリバイバル上映を
観に行ってきましたーv

『悦楽共犯者(原題Spiklenci Slasti)』
チェコのアート・アニメ界の巨匠、ヤン・シュワンクマイエルによる
長編作品です。ちなみに制作年度は1996年。
抑えがたい欲望に衝き動かされ、
さまざまな“自慰機械”(というかフェチ道具)の発明に没頭する
男女6人の密かな楽しみを、この上なく独特な手法で描いた作品です…笑。
出演はペトル・メイセル、ガブリエラ・ヴィルヘルモヴァー、
バルボラ・フルザノヴァーなどなど。

なんというかー…ものすごかったです(笑)
どう説明していいのかわかんないですこの作品は…(^_^;)

とにかくシュールです。そして悪趣味でナンセンスなんだけれども、
コミカルでおもしろくって、それでいて深層心理的な広がりと深み
がある作品です…と私は思いました。
6人の男女がそれぞれのこだわりのフェティシズムを、
どうにかして手に入れ、堪能しようとする様子が物語の軸?なんですが、
このフェティシズムってのが、触感フェチだったり、サディズムだったり、
魚フェチ?だったり…。自分を満足させるために人形をつくったり、
機械仕掛けのマシーン?をつくったり…なんだか滑稽で、
大の大人たちが真剣にナニやってんだよ…と突っ込みをいれたくなる
映画でした(笑)でも、フェティシズムとか…気持ちわかりますね。うん。
サディストとか触感フェチとか魚フェチとかの気持ちが痛いほどよくわかる…笑。

なんでもない日常を一気にシュールレアリズム的世界に変えてしまう
シュヴァンクマイエルの手法や撮り方が、スゴイですわ。天才ですね…笑。
ちなみに、作品にはセリフが一切無く、効果的な音楽によって
色々な雰囲気や演出がされています。なので字幕も一切ナシ。
国境を越えてダイレクトに伝わる作品が作れるって…すごいですよね~。

とにかくそんなこんなで、とても楽しい秀作でした♪
シュヴァンクマイエルという監督の存在を全く知らなかったので、
今回こういったカタチでスクリーンで観ることができて良かったです。

…それにしても新宿って迷いますよね~。
ケイズシネマに行くには「東南口」から出ないといけないのですが、
この「東南口」ってのが一体どこにあるのかわからなさすぎて
新宿駅構内で迷いに迷い、自力ではもう無理だと思い、
インフォメーションセンターで「ひ…東南口ってどこッスかね??汗;」
って聞きましたよハハハ。
…これでも一応東京都出身・都心在住者ですお。。。

新宿駅恐るべし。
posted by イオ at 14:28
"新宿にて『悦楽共犯者』を鑑賞v"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。